« 戦後、積み重ねてきた議論をお蔵入りさせようとする安倍新総裁 ~限りなく危うい | メイン | メディアをねじ伏せる安倍晋三 大いなる勘違いをしている »

2006年9月22日

日本本土を戦場にする計画か 安倍晋三、前原誠司

 
  正気の沙汰じゃない 何をやろうとしているのか

AEI American Enterprise Institute For Public Policy Research クリストファー・デムス

AEI_s.gifAEI.gif


久々にコンピュータのことでも書こうとおもっていたら仰天の情報です。
『きっこの日記』に登場し、ほぼ一年も前の出来事でした。
さっそく探したらいくつかアップされていて、『きくちゆみの地球平和ニュース/ Global Peace News』 から転載します。
転載歓迎と明記されているので、そのまま引用します。
いつものことですが女性陣の嗅覚の素晴らしさというか情報収集能力には圧倒されます。

先の偽メール事件が起きる前から前原発言には注意していました。
が、その後は、自滅していったので安堵はしていたのですがまさかこんなところに参加をしていたとは・・・
驚きです。

ウーマンパワーの紹介です。
  ◇ 『☆牧村しのぶのBlog☆』--> http://blogs.dion.ne.jp/183/
  ◇ 『きくちゆみの地球平和ニュース/ Global Peace News』--> こちら
  ◇ 『きっこの日記』--> こちら ・・・ここには新たなリンク先も追加されました

そのほかのリンク:
  ◇ 『ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報』--> こちら2005.11.10
「ヘリテージ財団(ヘリテイジ財団)」主催のシンポジウムの出席リストここも要チェック!!

ヘリテージ財団とくれば、
 ◇ 尖閣問題の死角-"ミサイル財団"の中国マネーの正体 | カレイドスコープ -->こちら です。
一部引用させてもらいます。


ヘリテージ財団は、「ミサイル財団」という異名を持っているように、他方にはミサイルを売って、他方にはMD(ミサイル・ディフェンス)を売るというようなマッチポンプを平気でやる財団として知られています。

『週刊オルタ』の西山澄夫さんのメールを。転載歓迎。

 ********************************

 「速報」

 2005年10月25日、26日、ブッシュの支持基盤であるネオコン派の政治家、知識人が集まるワシントンの政策研究所、AEI・アメリカン・エンタープライズ・インスティテュートが主催して、日本の国会議事堂裏のホテル、キャピトル東急で、「政策研究集会」が開かれた。テーマは、「日本と中国を、どのようにして戦争に突入させるか、そのプラン作り」である。
 
 参加者はAEI所長クリストファー・デムス、次期総理・安倍晋三、鶴岡公ニ(外務省、総合外交政策局審議官)、山口昇(防衛庁、防衛研究所副所長、陸将補)、民主党・前党首・前原誠司、その他自民、民主の複数の議員。

 テーマは「有事、戦争に、どう対処するか」では無く、「中国と日本を、どのようにして戦争に持って行くか」である。

 以上は裏付けが取れた正確な情報である。

 以下は裏付けの取れていない未確認情報(裏付けの取りようがない)である。
 今後2年前後に、日本海側の都市に、「米軍の」ミサイルを着弾させ死傷者を出させ、それが北朝鮮からのものである、とマスコミ報道を行い、一気に日本国内の世論を戦争賛成、治安維持体制に持って行く、また京都、大阪付近で新幹線の爆破テロを起こし世論を戒厳令体制、戦争賛成方向に誘導する(テロは米軍と自衛隊の共同作戦で実行し、イスラム原理主義または北朝鮮のテロと報道する)。
 「京都、大阪方面」と場所が特定されている点、テロ作戦の準備を知った軍内部からのリーク情報の可能性がある。が、真偽の確認のしようがないので、情報の「信用度は低い」。ただし万一、本当にテロがあった場合には、北朝鮮やイスラムのテロではなく、「戦争をするための米軍と自衛隊の画策」である事を事前に明らかにしておくため、日本を戦争賛成の方向に誘導させない「クサビを打ち込んでおく」ため、あえて信用度の不確かな情報を流します。 (転載ここまで)
 *******************************

ジャーナリスト 上杉隆さんのブログ」 に全員の名簿が掲載されています。驚愕のリストです。
安倍晋三(自民党幹事長代理)
前原誠司(民主党代表)
額賀福志郎(元防衛庁長官)現長官
石破茂(元防衛庁長官)
久間章生(元防衛庁長官)
長島昭久(民主党「次の内閣」防衛庁長官)
鶴岡公二(外務省総合政策局審議官)
山口昇(防衛研究所副所長/陸上自衛隊陸将)
そして三菱・死の商人たち・・・・

Demonlist_s.gif Demonlist.gif

October 26, 2005
AEI(アメリカン・エンタープライズ研究所)主催の日米同盟シンポジウム、キャピトル東急ホテル。
10月25日(火)
クリストファー・デミューズ(AEI理事長)
ジョセフ・R・ドノバンJr.(在日米国大使館首席公使)
前原誠司(民主党代表)
リチャード・ローレス(米国防副次官)
長島昭久(民主党「次の内閣」防衛庁長官)
アーロン・フリードバーグ(米プリンストン大学教授)
ダニエル・プレッツカ(元米上院外交委員会近東南アジア担当上級専門スタッフ/AEI外交防衛政策研究副部長)
額賀福志郎(元防衛庁長官)
石破茂(元防衛庁長官)
鶴岡公二(外務省総合政策局審議官)
ジョン・ヒル(米国防次官補室部長)
ダン・ブルーメンソール(元米国防総省・国際安全保障オフィス上級部長/AEI研究員)
ティモシー・ラーセン(在日米軍副司令官/少将)
金田秀昭(三菱総合研究所主任研顧問)
リチャード・ウィアー(米大統領国家安全保障会議統合参謀本部/中佐)
山口昇(防衛研究所副所長/陸上自衛隊陸将)
トーマス・ドネリー(米議会・日中安全保障検討委員会委員/AEI研究員)
安倍晋三(自民党幹事長代理)

10月26日(水)
トーケル・パターソン(元米大統領特別顧問/元国家安全保障会議アジア担当上級部長)
リチャード・J・サミュエルス(マサチューセッツ工科大学《MIT》国際研究センター所長)
佐藤達夫(三菱商事執行役員宇宙航空本部長)
ニコラス・エーベスタット(米国立アジア研究所顧問/AEI政治経済部門議長)
阿川尚之(慶応大学総合政策学部教授)
ケント・カルダー(ジョンズ・ホプキンス大学東アジア研究所/朝鮮半島研究所所長)
久間章生(元防衛庁長官)


・・・ 日米軍事利権相関図 ・・・

gunjirikenSokanzu_s.gif
gunjirikenSokanzu.gif


2つの事務局長はともに秋山直紀氏

◆ (社)日米平和・文化交流協会
 自民党・瓦力元防衛庁長官(会長)
     久間、額賀、石破茂防衛相
 民主党・前原誠司前代表
 公明党・赤松正雄衆院議員
  他「防衛族」議員がずらりと理事

他の理事
 日本の軍需企業幹部
 アメリカのコーエン元国防長官ら米高官
 山田洋行・米津佳彦社長
 宮崎元伸容疑者

日米平和・文化交流協会と
安全保障議員協議会の事務所は同一マンション
マンション「パレロワイヤル永田町」=東京都千代田区
両団体は二〇〇六年六月まで同室にあった

◆ 日米安全保障戦略会議 ・・両国の防衛政策や装備について協議する
防衛庁長官・大臣経験者ら防衛族議員や米高官
防衛省、米国防総省関係者が出席
三菱重工業
ノースロップ
グラマン社
など日米軍需企業幹部ら

http://www.asyura2.com/07/senkyo44/msg/385.htmlから引用。

■ FC2ブログへバックアップしています。 

日本本土を戦場にする計画か 安倍晋三、前原誠司
backupSite.gif



投稿者 hal : 2006年9月22日 00:42

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://c3plamo.slyip.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/409