« 特別な兵器だったからこそデータを集める必要があった 原子爆弾 | メイン | 御白洲の場 ・・・秋の国会  »

2007年8月 7日

戦争の歴史だった  ・・・明治憲法

わずか52年の間に5つの戦争があった。
明治の後半と昭和の前半に集中している。
戦争がなかった大正時代を抜けは実質38年の間で5つの戦争をやっていたことになる。
戦争が可能となった背景というか共通項をみると、明治憲法がある。
どんな意思決定で開戦となったか、
当時の庶民のだれもその存在を知らなかった御前会議がでてくる。

その明治憲法をみてみると、
帝国憲法(明治憲法)第11条
      「天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス
と、天皇が日本の陸海軍を統帥すると書かれている。
この「統帥する」の実態がなかなかはっきりしない。


別の視点からみてみる・・・
東京裁判で有罪となった人々の履歴、肩書き、職位をみると、海軍の要職に就いていたものは嶋田繁太郎を除いていない。
太平洋戦争では海軍が重要な位置を占めたはずで、関係者が大勢登場してきてもおかしくはないが、一人しかいない。
結果的には、この裁判では陸軍に戦争責任を負わせたようになっている。
東條英機・陸軍大将は、述懐している。
「ミッドウェーの敗戦を知らされたのは、一ケ月以上後のことであつて、その詳細に至つては遂に知らされなかった。」

日本人戦没者だけでも320万人(軍人+民間人)といわれ、危害が及んだ外国の人を含めたらもっと多くなる。戦争に至った経緯はあるものの、戦争の火蓋を切った日本の指導者層の責任は極めて重大である。
まもなく敗戦の日を迎える。
責任者はだれなのか、両軍を見ていた者はだれなのか、絞首刑の翌日に釈放され戦犯を逃れた巣鴨トリオたちの責任はどうだったのか、ちゃんと責任をとったのか、・・・・
これまで学校で教わったこと、メディアで流されてきたことが真実だったのか。違った視点で見直している。

・・・ 明治憲法は戦争の歴史だった ・・・
クリックで原寸大
WarHistory3_s.gif

戦争の歴史だった ・・・明治憲法の下で(明治から昭和まで)

 ※ 2005年10月29日、日米関係が決定的に変質した!
    こんな重大なことを多くの国民が知らないでいる・・・
    日米同盟が変質 2005.10.29~

日英同盟 1902~23
日独伊三国軍事同盟 1940~45
日米安全保障条約 1951~ これも同盟とみなせば前例のない長期になっている
日米同盟 2005.10.29~

  1.日清戦争 1994-95
  2.日露戦争 1904-05
  3.満州事変 1931
  4.日中戦争 1937-45.8
  5.大東亞戰爭(太平洋戦争) 1941.12-45.8

NHK 「御前会議」からイメージ図を作成


GozenKaigi_s.gif
GozenKaigi.gif


■ 戦前に回帰する道具が「秘密保護法」 ~安倍自公に与えてはダメ! --> こちら
■ 帝国憲法のもとでは戦争の歴史だった ~安倍政権で再び悪夢が --> こちら
■ 改憲で先祖返り・・、満州事変まで ~全ては米のため、原発・TPP・戦争 --> こちら
■ 65年目、広島原爆の日  ~陸軍と海軍が原爆の研究をしていた --> こちら
■ 「辺野古は自衛隊の基地」 ~米軍のための基地ではない --> こちら
■ アメリカときちんと話をしたのか ~米国の意図を見抜け --> こちら
■ 踏み台の条約さえあれば、飛び方はアメリカが決める ~日米同盟 --> こちら
■ 戦争の歴史だった  ・・・明治憲法 --> こちら


■ FC2ブログへバックアップしています。 
戦争の歴史だった  ・・・明治憲法
backupSite.gif



投稿者 hal : 2007年8月 7日 22:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://c3plamo.slyip.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/666