« イージス艦「ポール・ハミルトン」にも給油していた | メイン | 赤福餅が大変なことに みそぎをして再出発を! »

2007年10月13日

ラビ・バトラ 誰?

ときどき便所のラクガキをみることがある。
といってもどこかの臭ってきそうなトイレの話ではない。インターネット上にある掲示板に書かれている記事である。
なるほどラクガキであるがその中にも「おぉっ!」というのがある。それを見つけるべく鼻をつまんでいや画像として見ている。

おかしなもので、慣れてくるといわゆるラクガキとそうでないものはパッパと見分けることができるようになる。だから一字一句読まなくともめぼしいものを見つけることはそう手間はかからない。

パソコンのキーボードの右の方に「Page Up」「Page Down」というキーがあるのでこれを使ってページをめくっている。

で、さっそくラビ・バトラ Ravi Batra氏のことである。私もその筋の門外漢であるので始めて聞くお名前であった。その業界では名の知れたお人とのことである。

たまたま掲示板でみつけた。

630 :国連な成しさん :07/10/12 20:44 ID:mfcX1YNk
アメリカの経済学者ラビ・バトラ博士

「1979年、イランで革命が起こり、パーレビ国王は退位するだろう。」

「1980年からイランとイラクとの間に7年間におよぶ血生臭い
戦争が勃発するだろう。」

「1990年1月から3月の第1四半期の間に東京市場で株価の
大暴落が起こるだろう。」

「どんなに遅くとも2000年までに共産主義は断末魔の苦しい革命を経て
崩壊し、2010年までに資本主義は崩壊する。」

「資本主義の崩壊(世界同時大恐慌)は住宅バブル・原油バブルの2つのバブルの崩壊に
端を発するNY株式市場の大暴落から始まるだろう。資本主義は花火のように爆発する。」

「世界同時大恐慌の入り口は2005年。そして2010年までに
『搾取的資本主義』は崩壊するだろう。」

(大恐慌・資本主義の崩壊によって)
「日本と世界は同時に崩壊する。」

ラビ・バトラ博士の恩師、サーカー師

「共産主義は早死にするだろう。資本主義は爆竹のように弾けて終焉するだろう。」


テレビに出てくるような占い師の類には興味もなく、オカルト系の話を読むこともないが、インチキ、イカサマに満ち満ちた今の市場経済とか新自由主義とかには日頃から注意をしてみていた。

歴史を紐解けば奥の院とか国際金融資本とか呼ばれるほんの一部の人間たちが、それこそ手段を選ばず好き勝手にやってきたが、それもそう長くは続かないと感じていた。もちろんそれを裏付ける確固たる理屈を持っているわけではないが、不条理なことが続くはずもなく、やがて人々が気が付く時がくる、とそう思えるからである。
「歴史に偶然はない」と、誰かの言葉にあったが、まさに真理だとつくづく思う。

「本山よろず屋本舗」さんとこに詳しく書かれていた --> ここ

投稿者 hal : 2007年10月13日 07:04

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://c3plamo.slyip.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/736