« 警察を監督する公安委員会の体制を強化  ~民主党マニフェスト | メイン | 花王:エコナ出荷停止 成分が発がん性へ変化可能性指摘で »

2009年9月21日

捜査不信 冤罪の叫び 白バイ・スクールバス衝突事故(東京新聞)

送ってもらうように頼んだ東京新聞2009.9.12朝刊の現物がやっと届きました。
いやにおおきな梱包だなぁと開けたらハトサブレが入っていて、
気をきかせて「鳩山政権・誕生おめでとう!」というメッセージだったかも、です。

で、さっそく目的の「特報」のページを開いたところ、端的に表現している見出しが並んでいます。
東京新聞が2009年9月12日「こちら特報部」
tokyo090912s.jpg

すでに事故から3年半がたち、
支援者さんらによる事故検証も進み、事故状況はほとんど丸裸にされていると認識しています。

捜査不信 冤罪の叫び

白バイ・スクールバス衝突事故 高知
収監中の運転手が国賠訴訟

食い違う目撃証言 「警察が身内かばった」
証拠偽造疑惑も  現場に奇妙なブレーキ痕

県警「真実は一つ」と自信



こうして、見出しだけを拾ってみても
「ただごとではない」ということは感じてもらえるのではないかと思います。
事件をまったく知らなかった人でも
「おや?なにかありそう」と思ってもらえたらこの記事が載った目的は達成しています。
すでに事件を知っている人にとっては物足りないと思いますが、
自然と続報に期待がいってしまうでしょう。
というのはこの特報で「足利事件」が何度も続報されたからです。
それも中日グループ340万で、です。この高知白バイ事件でも・・・と期待が高まります。

で、中日新聞東京本社「東京新聞」の読者応答室にFAXを入れました。
じぇろしゃん-しゃんごぉきゅうご~-ろくきゅうさぁんごぉ。
電話でもOKですが、平日の10:00~18:00という制限があります。
じぇろしゃん-ろっきゅうひとまる-ふたふたまるいち。
一面の右上あたりに載ってます。
(数字で電話番号などを直接書き込むのはやめませう。
巡回ロボットなどが自動収集し相手先に迷惑になることもあるからです。)

 新聞社の担当記者さんも読者からの反響を期待しているはずです。
それに応えるべく、「続報」がどうしても必要だと感じてもらえるような作文にしました。
密かに中日新聞に載ることを期待して作文したのはいうまでもありません。
折角巡ってきたチャンスですから、
これを掴むべくさらに何倍にも広げるぐらいの意気込みがないと
再審の扉をこじ開けるのも難しいと考え、
さっそくFAXを入れました。

 今度のこのような突っ込んだ内容の記事は新聞としては初めてです。
もちろん大新聞としても初めてです。
その意味において中日新聞東京本社「東京新聞」は事件を世に問いたいと、
ある意味腹を括ったのではないと思っています。
事故からすでに3年半が過ぎ、政権もチェンジしたことでもあり、
ようやく期が熟したということかもしれません。

不思議なことにこの事件については、全国紙をはじめとして、
大手新聞がことごとくスルーしてきました。
紙の上に文字が残る媒体として、
これまでも週刊誌、月刊誌などはいくどとなく事件を報道してきましたが、
それでも圧倒的多数の読者をもつ大新聞が記事にしたことは知りません。
頑なに避けているなぁ、という印象です。

突っ込んだ内容を載せるのは画期的なこと
ということで大新聞には金輪際、載らないと諦めていました。
政権に都合の悪いことは載せないのがニッポンのマスゴミが生きていける道というか常識ですから、
この事件が「新聞に載る」という意識すら忘れていました。
ところが東京新聞に載るって聞いたときは、ほんとに驚きました。
中日新聞「特報」愛読者としては東京新聞に載るとしたら「特報」だろうと予想していました。
「特報」はいつも注意してチェックしていますが、
国民がちゃんと理解しておかなければならない重要な記事が多いからです。
東京新聞に載れば、次は中日グループ340万(東京新聞含む)だと皮算用してしまい、
きがもめます。

通常のオペレーションで載せることが決まったのか、それなりに決断したのか
新聞社として損得勘定を優先させれば、
わざわざ火中の栗を拾わなくとも、スルーしておくことだってできたわけです。
おそらくこれまでいろいろ冤罪事件を扱ってきた中で、
警察が直接の当事者であり、
しかもその内容が尋常ではない事件はそうそうなかったのではないかと思います。

 そもそもが、ありふれた交通事故ですから、
よっぽどの大事故でないかぎり全国紙に載ることはないでしょう。
しかしそれが最高裁まで争われているとなればどこかの全国紙にでてきても不思議はありません。
しかも警察が絡んだ事件になっているわけであり、
全国ネットのあるテレビ局がスペシャル番組で報道し、
また当初から事件の真相に迫まっているテレビ局が連続18回も報道し、
そのビデオがネットで公開されているのですから、
そのような状況を知らないわけはないはずです。
それでも全国紙が揃ってスルーですからなにかあるとおもうのは自然でしょう。

   ● KSB 瀬戸内海放送 「シリーズ高知白バイ衝突死」全18回 --> こちら

常識的にも、
「最高裁で棄却された」ぐらいな記事を書いたからといってバチが当たるわけもなく、
どこからか圧力がかかることはないと思います。
が、それでも頑なにスルーです。いったいなにが・・・?
 どこも取り上げなかったところをみるとやはり新聞社が慮っているんではないか、と。

 「触らぬ神に祟りなし」と安易な道を選んだのでしょうか。
それも情けない話ですが、それを「報道の自由」とゆってしまえばそれまでですが。

 ただ高知の地元紙は事故発生などつたえる記事は何回か載せていますし、
全国紙の高知地方版では事実だけをつたえる記事はありました。
しかし、地元の新聞とテレビが報道した現場写真の扱い方は極めて不可解、
不審極まるものでした。 --> こちら

ほんの偶然かもしれませんが、
東京新聞のある記者が痴漢容疑で逮捕されたと報道がありました。

この記事がでて2日後です。
警戒中の鉄道警察隊員が見つけ・・・とありますが、なんか出来すぎてるような。
警察が「痴漢容疑だ」とゆっても真にうけないように注意していますが、
本家・中日の方に影響がなければいいがとちょっと気がかりです。
(参)先のコメント欄 --> こちら

支援者さんのエントリーのご紹介
支援者さんのサイトで新聞紙面のコピーがアップされていますのでご紹介します。
片岡さんの生徒らに対する思いなどが書かれています。是非、全文お読みください。

  ● 支援者さんのサイト --> こちら
そこから一部引用します。

 記事の中に「これは教育の問題だ」と書かれている。収監間際の片岡さんが「生徒らの気持ちをこのままにしておくわけにはいかない。」と私に言ったことがある。今の状況をこのまま認めるわけにはいかない。生徒らに対して「大人としての示しがつかない」。そう片岡さんは言いたいのだろうし、生徒の親も同じ思いがあると思う。

 再審請求の頃には生徒達も20歳になっている。なんとか生徒の声を法廷に届けたい。現場に居た警官やそれを指揮した幹部、そして判決を下した裁判官達は、22名の生徒達の前で自分達が何をしたのかを知るべきだ。 信用失墜。それだけでは済まされない。



捜査不信 冤罪の叫び
白バイ・スクールバス衝突事故 高知
収監中の運転手が国賠訴訟

 二〇〇六年に高知県で起きたスクールバスと白バイの衝突死亡事故で、業務上過失致死罪で禁固一年四月の実刑が確定したバス運転手へ(五五)=収監中= が、国家賠償訴訟に踏み切った。事故の当事者である警察が、証拠を偽造して身内をかばった疑惑を払拭することができないからだ。警察側は「真実は一つ」と自信をみせるが、調べと食い違う複数の目撃証言がある。「冤罪」の恐れは、ないのか。
                                                         加藤裕治

 事故は〇六年三月三日、高知県春野町(現・高知市春野町)で起きた。中学生ら二十五人を乗せた同県仁淀川町のスクールバスが駐車場から出て右折しようと、片側三車線の国道を横切った。その際、国道を走ってきた白バイがバスの右前部に衝突し、運転していた白バイ隊員男性=当時(二六)=が亡くなった。
 バスを運転していた片岡晴彦受刑囚は、「喪に服す」と事故から二カ月間、外出を控えた。やがて運転免許が取り消され、仕事は続けられなくなった。それでも家族の前では平静を装った。ところが八カ月後の十一月、高知地検で取り調べを受けて顔色を変えた。
 「ブレーキ痕の写真を見せられた。バスは止まっていたのに、わしが白バイを引きずったことになっている」
 その時まで罪に問われるとは思っていなかった。しかし、〇六年十二月に業務上過失致死罪で起訴され、翌年六月の一審で禁固一年四月の判決が下った。〇八年八月、最高裁で刑が確定。同十月、家族や支持者が見守る中、高知地検に出頭し、収監された。
 妻香代子さん(五二)は、そのときの様子を振り返る。「内心は不安が大きかったでしょう。でも、それを言うと私と娘が心配すると思ったのか、何も言いませんでした」
 刑に服したものの、自分は無実であるという思いが消えたわけではない。そして今年三月、不当捜査を理由に国賠訴訟を起こした。
     ◇
 事故について、捜査当局と運転手側で食い違うのは①バスの安全確認は十分だったか②バスが白バイをはねたのか、白バイがバスに突っ込んだのか- の二点だ。
 裁判所が認めた事故の状況は「片岡運転手は白バイを見落として国道に進入。五~十㌔の速度で進んでいる途中で右から来た白バイと衝突。三・六㍍はね飛ばして道路の中央分離帯付近で止まった」。警察側の主張通りだった。
 根拠の一つが、対向車線を通りがかった白バイ隊員の「バスは約十㌔で国道を横断。(事故を起こした)白バイは約六十㌔で走っていた。三、四秒後にバスが白バイをはねた」という証言だった。隊員の証言通りなら、バスが国道に入った際、白バイは現場から約五十五㍍離れた路上にいて、バスから確認できる。このことから、裁判所は片岡受刑囚の安全確認が不十分と結論付けた。
 しかし、片岡受刑囚側は「しっかり安全確認した」と反論。現場近くにいた校長は「右折待ちで停車中のバスに白バイが突っ込んだ」、通りがかった第三者も「白バイが百㌔以上の速度で走っていった」と証言した。現場は緩いカーブ。証言通りなら見えないほど遠くにいた猛スピードの白バイが、中央分離帯近くで止まっていたバスに突っ込んだことになる。
 しかし刑事裁判で、裁判所はこれらの証言を「うそをつく可能性がある」などと退けた。このため「警察が身内をかばって、罪を押しつけた」という思いは強まった。

昨年10月、手を振って高知地検に出頭した片岡受刑囚=高知市で、片岡香代子さん提供

食い違う目撃証言「警察が身内かばった」
証拠偽造疑惑も 現場に奇妙なブレーキ痕
県警「真実は一つ」と自信

 国賠訴訟で代理人を務める生田暉雄弁護士も「警察は利害関係者なのに、裁判官が捜査をうのみにした」と批判する。
 生田弁護士は「十㌔でバスが道路を横切ったなら、白バイが現場に差しかかる前に裁判所が認定した衝突地点を通り過ぎるはずだ」と白バイ証言の矛盾を指摘する。
 法廷には「バスが道路の真ん中に止まった時、遠くに白バイが見えた。
とても速いと感じた。その三秒後かそれより早いぐらいで横から衝撃を受けた」という、白バイ証言を否定する生徒の証言も提出する予定だ。
 しかし高知県警は捜査に自信をみせている。
 山中良水交通部長は「目撃者である白バイ隊員は速度、距離を目測する訓練を受けている」と証言の正確性を強調。
「バスは〇㌔から十㌔に加速している。その状況をふまえれば、証言と裁判所の判断に矛盾はない」と断言する。
 有罪の根拠になった証拠のひとつに、路面に残った一㍍あまりの黒い二本の線がある。

警察は「バスのブレーキ痕」と主張。刑事裁判では、それを認め、事故の時バスが動いていた証拠と判断された。しかし片岡受刑囚側は、刑事、国賠を通じて「偽造だ」と反論を続けている。同型のバスを使った実験では、ブレーキ痕は最長三十㌢しかつかなかった。
また、事故時にバスに乗っていた中学生たちの中に、急ブレーキの衝撃を感じた者はいなかったからだ。
 また、ブレーキ痕は前方の色が濃いオタマジャクシ形で、時間がたつにつれ頭の部分の色が薄れた。そうなった理由は高裁判決も「分からない」という謎だが、片岡受刑囚側は、「はけで液体を路面に塗ったからだ」と疑いを持っている。
 もちろん、警察側は「現場には見物人やマスコミがいた。衆人環視の中で偽造できるはずはない」 「わずかの時間で、矛盾が出ないよう証拠をねつ造するなんて無理だ」と全面否定する。
 写真のデジタル処理による偽造の可能性もないではないが、山中交通部長は「写真のネガはちゃんと保存している。地元記者が撮影し、新聞に載った写真にもブレーキ痕が写っている。あり得ない」と断言する。
    ◇
 香代子さんは毎月、兵庫県加古川市の交通刑務所に面会に通う。間もなく収監から一年。当初は不安そうで「どうにでもなれという気分にもなった」という片岡受刑囚が、だいぶ落ち着きを取り戻した様子だという。
 手紙も頻繁に来る。内容は家の心配ばかり。長女亜矢さん(二九)と読み返しながら、「晴彦さんの手紙は泣けないのよね」と話す香代子さんの目に一瞬、涙が光ったように見えた。「もうすぐ仮出所できるのでは。私が美容室を開いているので、帰宅したら主夫業で忙しくしてもらいます」
    ◇
 国賠訴訟は次の口頭弁論期日が決まってない。
片岡受刑囚は判決前にも刑事事件の再審を請求する構えだ。次々と手を打つ背景には、「生徒も巻き込んだ事件。教育的にも無視できない」という思いがある。一方、県警は「遺族の気持ちも考えてもらいたい」と、相手方の動きや報道にくぎを刺す。〝真実″は、どこに。

デスクメモ
 証拠に乏しい交通事故。しかも当事者は警察。本当に公正な裁判か、誰でも疑心暗鬼に陥るだろう。こんな裁判こそ裁判員を入れて民意を反映させたら良いと思うが、そうはいかない。同制度の対象は殺人、強盗致死など「難しい」(実は簡単な)事件に限定されている。誰に都合がいい度なのか。 (充)

 ㊤事故直後の現場(支援者が提供)
 ㊦獄中からの手紙を読む妻香代子さん㊨と長女亜矢さん=高知県仁淀川町で

高知白バイ事故の現場
①捜査当局側が主張する衝突地点
②運転手側が主張する衝突地点


東京新聞社
読者応答室TEL03-6910-2201 FAX03-3595-6935


【特報の掲載状況】順次更新中です・・・

中日新聞東京新聞
   
 10月3日曖昧な「東アジア共同体」鳩山構想を相手はどう見る?
 10月2日補正予算見直せば...ムダ金の影に天下り先
10月2日10月1日八ッ場ダム『中止』ふるさと再生の道 声高に言えぬ本音
9月30日9月30日「にっぽん再起動」 官製資格ビジネス天下りの年収計20億円 そんな無駄は国民に還元して
10月1日9月29日どうなる死刑制度?情報公開まず急務
10月3日9月28日へこたれない人々前任者らを告発 元埼玉県警察学校長・田中三郎さん
 9月27日秘境巡り標高5000メートル仮想体験 入室数分目まい、吐き気
9月29日9月26日JALは再び飛べるのか 『殿様商売』から脱却を 国の"過保護"も原因
9月26日9月25日温室ガス25%削減可能か鳩山首相の国際公約 "未来志向"の読み方・リード
9月25日9月24日無農薬米作りに挑み47年へこたれない人々
9月24日9月23日『子に母激高』報道に反響続々 虐待防止 足立の現場から
 9月22日へこたれない人々 百里基地の隣で平和農園・宮沢昭さん(81)反対運動 一徹53年
 9月21日自民総裁選・和歌山ルポ 有権者の望みは、やっぱり「世代交代」
9月22日9月20日へこたれない人々 ペシャワール会元現地スタッフ・進藤陽一郎さん(31)
 9月19日時計の針は戻せるのか 「おごりの強行採決」の後始末は?
9月19日9月18日識者に聞く 新閣僚注目度ランキング 『ミスター年金』断トツ
 9月17日永田町の新名所、小沢ストリートの熱い1日
 9月16日鳩山政権前夜 中堅官僚 本音で座談会 議員不勉強なら「族議員」
 9月15日国家戦略局 脱官僚への実効性
9月15日9月14日風力発電で低周波被害? 伊豆半島を歩く
 9月13日新型インフル 数字だけ独り歩き?
 9月12日白バイ・スクールバス衝突事故 高知 収監中の運転手が国賠訴訟
   
9月17日9月10日八ッ場ダム 揺れる地元
9月16日 官の人事掌握カギ
   
9月12日9月7日楽園でなく地獄

投稿者 hal : 2009年9月21日 00:02

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://c3plamo.slyip.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/1555