« 偽造・ねつ造された供述調書  ~土佐署で、そして検察で | メイン | 再審請求準備中   高知白バイ事故 --もくじ--  0803 »

2009年11月 3日

『 あの時、バスは止まっていた 』  ~待望の出版ですっ!


待ちに待っておりました。

KSB瀬戸内海放送・山下洋平(やました ようへい)氏のご本のお知らせです。
支援者さんが知らないことまで書かれているとのことです。
   ● 支援者さんのエントリー --> こちら

・・・『あの時、バスは止まっていた 』 高知「白バイ衝突死」の闇 ・・・
 只今、アマゾンにて先行予約受付中です。 ↓ アマゾンのリンク先

aonotokiBusTomateita.jpg
『 あの時、バスは止まっていた  』

     高知「白バイ衝突死」の闇


著者:山下洋平氏
     KSB瀬戸内海放送記者

単行本: 256ページ
出版社: ソフトバンククリエイティブ (2009/11/16)
ISBN-10: 4797353899
ISBN-13: 978-4797353891
発売日: 2009/11/16


内容紹介 (※差し替えた09.11.06)
内容紹介

◎ジャーナリスト 大谷昭宏氏推薦
白バイは“黒バイ”か
地方局記者が執念で迫る

「これです」
被告の支援者が数枚の写真を取り出した。
路面には黒々とした二本の筋。
裁判で有罪の決め手となった、スクールバスの「ブレーキ痕」だ。

「このブレーキ痕は、警察が捏造した疑いがあります。これは冤罪ではありません。警察組織の犯罪です」

――二〇〇六年三月三日午後二時半頃、高知県旧春野町(現高知市)の国道五六号で、高知県警の白バイと遠足中のスクールバスが衝突し、白バイ隊員(二十六)が死亡。
バスの運転手、片岡晴彦さん(五十二)は現行犯逮捕された。
同年十二月には業務上過失致死罪で起訴され、翌二〇〇七年六月には禁固一年四カ月の実刑判決が高知地裁で下された。
その後、高松高裁、最高裁と判決は覆らず、二〇〇八年十月、片岡さんは獄中の人となった。

香川県と岡山県を放送エリアとする地方テレビ局「KSB瀬戸内海放送」。
同局の報道記者である著者のもとに突然、見知らぬ男性から電話が掛かってきた。
男性は、「この裁判は作られたものだ」と訴えた。
事件が発生した高知県のマスコミは、どこも耳を貸してくれない。
藁をもすがる思いで、かすかなつてを頼って県外の地方局の記者に連絡してきたのだ。

この一本の電話をきっかけに片道三時間半、著者の高知通いの日々が始まった。
法廷の場で結審されたとはいえ、不可解な点が多々ある高知「白バイ衝突死」事故。
本事件の闇を徹底的に追った渾身のルポルタージュ!

◎テレビ朝日『報道発 ドキュメンタリ宣言』の放送で大反響!



投稿者 hal : 2009年11月 3日 06:01

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://c3plamo.slyip.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/1644