« 真犯人が告白!! 富山冤罪事件に重大疑惑が浮上 ~ザ・スクープ | メイン | 愛媛白バイ事件・特集 ~「スーパーモーニング」12月18日(金) »

2009年12月16日

布川事件 ~「検察官は不利な証拠を隠したまま平然と特別抗告した。」

  「検察官による証拠隠し、捜査官の偽証」

    「検察官や警察の不法行為はひどすぎる」 と非難した。

     逮捕から42年、開かずの扉が開く
     ・・・・
       率直に喜びたい

遅きに失すること腹立たしいが、なんで42年後の今なのか?
再審はこの疑問に答えてくれるだろうか



いったいいつから不法行為をやっているのか
冤罪事件がなんで多発しているかについて考えているのですが、もっとも大きな原因が警察にあるとみています。
冤罪事件を並べてみるとある仮説が浮かんできます。
それは見出しに対する答えになるものですが、実は、警察のDNAは戦前からずっと先輩から後輩にうけつがれ、今に至っているのではないか。
敗戦により国はズタズタになりました。が、警察組織や官僚機構は形は変われど温存されました。ということは、そこで従事していた人間はそのまま横滑りしたはずです。警察においては明治以来の治安警察法が廃止され、警察法が新設されましたが、組織に属していた人間はひきつづき業務に携わったはずなので、たとえ根拠法が変わろうがいままでの価値観や行動様式が一夜にして一変したとはとても思えません。人は簡単に変われないからです。
他方、新規に採用されたものは新法に縛られるのは当然ですが、実際の職場は昔の人ばかりであり、そのやり方にすぐに染まっていったのではないか。そして時は流れ、60年もたてば世代が交代するわけですが、しかしDNAは連綿として先輩から後輩に伝えられ、深いところで今も生きているのではないか、と。

そうでも考えないと冤罪事件が多発していることや、警察がやりたい放題であることの説明がつかないからです。真に新法に忠実に行動するおまわりさんだけなら、全国津々浦々のすべての警察署で行われていた裏金作りの領収書を捏造することもないですし、怖いお兄さんがたと裏でつるむこともなく、ましてや証拠の捏造までして無実の人を貶める発想なんかでてこないはずだ、と思うからです。

そして、冤罪をつくりだしているもう一つが、最良証拠主義です。
その実態を知れば知るほど身の毛がよだつほどの恐ろしい冤罪製造システムです。これがニッポンでは大手を振ってまかり通っています。いきなり小難しい用語がでてきて恐縮ですが、簡単にいってしまえば、警察・検察にとって「この証拠を出したら無罪になってしまう、マズイ。」と思ったらその証拠は隠しておいて、被告が不利になるものだけを厳選して裁判にだすことができるというやり方です。これが実際の裁判の現場では許されています。
ですから、有罪率が99.9%となってしまうのは当然なことであるわけです。警察もしかり、検察官ならなおのこと、起訴して被告を有罪にするのが彼の仕事そのものですから、わざわざ無罪になるような証拠を出すオバカはだれもいません。

この欠陥を併せ持つ仕組みこそが大問題ですが、そこにいよいよメスが入ります。新政権が刑事訴訟法を改正するとマニフェストにも載せています。6カ月をめどにやりたいとのことです。最終的な法案はまだ出来てないとのことですが、欧米では当たり前になっている「すべての証拠を出させる」という考え方がベースになります。
「そんなの当たり前じゃん」というツッコミが来そうですが、そんな当たり前のことがニッポンでは行われていなかったのですからホトホト呆れます。冤罪が多発するのは当然なことだったわけです。
   ■ 「最良証拠主義」 --> 有罪率99.9% こんな裁判所はいらない! 元凶の最高裁

ただでさえ、最良証拠主義でガンガンこられたら、たとえ無実の人でも難グセを付けられ有罪になってしまうかもしれないのに、それにダメを押すべく「証拠の捏造」や「証言の偽証」までやられた日にゃ、そりょうもう、完全にアウトです。
そのダブルが仕掛けられたのが「高知白バイ事件」でした。
偽造や偽証をやってしまったら、れっきとした犯罪となり刑事事件となります。が、しかし、そんなことは百も承知、オカマイなしでやってしまうのですから、警察法もヘッタクレもありません。極めて悪質だと言わざるをえません。

布川事件に話をもどしますが、この事件においても検察は自分たちに不利になる証拠を隠したまま裁判をしていたことが再審の場で争点になるはずです。同様な事件が他にもありました。遡ること56年前、1953年徳島ラジオ商殺し事件でも検察は重要証拠を隠していました。その隠ぺいが明らかになり無罪となりましたが、再審が重さなって時間がかかり過ぎてしまい、その知らせを聞く前に被告は亡くなってしまいました。

この布川事件でも警察・検察の不法行為を明らかにしないと事件は終わりません。再審が開かれることになった本当の理由は?ですが、もしかしたら不法行為が争点になることも織り込み済みであって、それを否認する手はずが済んだので、じゃぁ開こうかと。そんな穿った見方もできてしまうくらい警察・司法の信用信頼は失墜しています。果たしてどんな展開になるのか、注目です。

なんで42年後の今なのか
足利事件のように裁判所の外堀が埋められ、その結果裁判所が動かざるを得なくなったのか、それとも政権が代わったことでその流れを察知し、裁判所自身が変わらざるを得なくなってきたことがあるのか、それとも準備万端整ったからGOサインがでたのか、その他の理由があったのか。
どんな理由にせよ、再審の扉が開くべく地殻変動が起きてきたというなら、それはそれで大歓迎です。もろ手を挙げて喜びたいところです。が、気がかりなこともあります。富山事件では警察が強く否認している、高知白バイ事件では警察・検察にとってヤバイ証拠はトコトン出さないという徹底抗戦が進行中であって、結局従来通り裁判所がそれを忖度(そんたく)して門前払いにしてしまうかもしれません。まだまだ予断を許さない状況です。

裁判所の気分しだいで、霞が関の住民(役人、元役人)には有利になるように扉も開けるが、そうではない人々に対しては平然と門前払いをやってのける。
そんな恣意的なことがまかり通る裁判所であっていいはずがありません。

〝無実のものは無罪に″
江川紹子さんが講演

 足利事件の菅家利和さんから、「冤罪をなくすために、取り調べの全面可視化をぜひやってもらいたい」との連帯のあいさつで始まった集会のメインは、江川紹子さん(「名張毒ブドウ酒殺人事件 六人目の犠牲者」の著者)の講演。「事件を知ったのは1991年終わりごろか1992年の初め頃ではないか」と、名張事件との関わりから話し始めた江川さんは、膨大な記録からまず判決文を読むことから始めたといいます。1審の無罪判決は読みやすかったが、有罪判決の2審の判決文は非常に読みにくかったといいます。それは2重否定が多く、「ない、ない、ない」とつづく文章を読んで専門家はだませても、素人はだませないと笑わせます。すんなり有罪が書けないので理屈をこねているからといいます。  江川さんは記録を読んで印象的だったのは、住民の供述がある時を境に、奥西さんを犯人とする方向に変遷していくこと。またその奥西さんを犯人とする供述が不自然なことだったといいます。  「疑わしきは被告人の利益に」という原則から考えても、これはオカシイと感じ「無実のものは無罪に」と断言できる状況で、第7次再審で再審開始決定がでる、この決定がまた、すんなり読める文章だった。しかし、開始決定を取り消した文章が読みにくいもので、開始決定を否定する理由を裁判官が想像でおぎない、論理にもなっていないような理由で取り消す。こんなことを許していいのかと、決定からいくつもの例を挙げて話します。  また、裁判員裁判が始まったいま、「裁判員制度には慎重派のわたしだが、いま名張事件が裁判員制度のもとで裁判がおこなわれたら、無罪判決がでて確定したのではないかと思う」といいます。素人に分かる裁判でなくではダメということが、過去の裁判にも同じように適用されるのが当然ではないかと話します。  最後に、いくつかの質問に答えるなかで、「いま、奥西さんに言葉をかけるとしたら、何といいますか?」との質問に、しばらくじーつと考えこんだ江川さん。「わたしにはいまかける言葉がない」と、来年1月には84歳になろうという獄中の奥西さんに寄せる、深い思いが伝わるきょうの講演でした。  講演のあとは、布川事件・佐藤米生弁護士、名張事件・伊藤和子弁護士による報告と奥西さんと面会している稲生昌三さん、布川事件の杉山さん、桜井さんの訴えがありました。稲生さんは、奥西さんにとって世間の風に当たるのがいちばん嬉しいのではと思って、この集会の写真をいっぱい撮ったので届けたいと話します。
中日新聞2009年12月16日
chuniti091216.gif
逮捕から42年
2人無罪の公算
最高裁特別抗告棄却

                        茨城県利根町で一九六七年に起きた「布川ふかわ事件」で、強盗殺人罪で無期懲役が確定した元被告の桜井昌司さん(六二)と杉山卓男さん(六三)が、無実を訴えて裁判のやり直しを求めた第二次再審請求の特別抗告審で、最高裁第二小法廷(竹内行夫裁判長)は、自白の信用性を疑問視して再審開始を認めた東京高裁の判断を支持し、検察側の特別抗告を棄却する決定をした。=関連27面 一部地域既報  逮捕から四十二年を経て再審開始が確定。 再審で二人が無罪となる公算が大きい。  決定は十四日付で、四裁判官全員一致の意見。無期懲役か死刑が確定した事件で再審が決まったのは、今年六月の足利事件以来となる。再審は、水戸地裁土浦支部で行われ、検察側が最高裁の判断を覆す証拠を示すのは困難とみられる。  再審開始が決まり、桜井さんは「皆さんの力添えのおかげです」と支援者に感謝した。 杉山さんは「今は通過点。再審で無罪になったらもっと喜びたい」と笑顔で語った。  最高裁が支持した東京高裁の決定は、二人が自白と否認を繰り返したことや、犯行に至る経緯や殺害状況の供述に著しい変遷がある点などを疑問視。「自白ではパンツを口に詰め込んだ後、手で被害者の首を絞めて殺したことになっているが、弁護側の鑑定では、ひものようなもので首を絞め、その後にパンツを詰めたと推認され、客観的事実に反する」厳粛に受け止める

 鈴木和宏・最高検刑事部長の話 決定を厳粛に受け止め、再審公判で適切に対処したい。

布川事件の再審開始が確定し、記者会見で笑顔を見せる桜井昌司さん㊨と杉山卓男さん=15日夜、東京・霞が関の司法記者クラブで(坪真一撮影)
と指摘した。
 さらに、二人を被害者宅付近で目撃した男性の証言に信用性がない▽桜井さんの自白が録菖されたテープに編集の跡がある▽被害者宅の毛髪鑑定で二人の毛髪が見つからなかった-ことなどを挙げ、「自白の信用性に重大な疑問があり、有罪とした確定判決の事実認定に合理的な疑いが生じた」と判断した。
 検察側は「重大な事実誤認がある」として特別抗告していた。
 二人は七八年に無期懲役が確定。服役中に行った第一次再審請求は棄却されたが、九六年に仮釈放された後、二〇〇一年に第二次再審請求。水戸地裁土浦支部は〇五年九月に再審開始を認め、東京高裁も〇八年七月に再審開始を決定した。
自白偏重に警鐘

解説
 「布川事件」の再審開始を認めた最高裁決定は、自白偏重の捜査に警鐘を鳴らしただけでなく、二人を有罪と判断してきた裁判官たちが、自白の任意性、信用性について十分な検討をしたかどうか、疑問を投げかけた。
 犯人の毛髪や指紋など明確な物証がなく、検察側が立証のよりどころとしたのは、二人の自白調書だった。二人は警察による長時間の取り調べから逃れようと自白した。
 二十四時間態勢での監視の下、留置場で容疑者を拘束して取り調べる代用監獄制度は、「冤罪(えんざい)の温床」と批判を受けてきた。昨年の高裁決定も「虚偽の自白を誘発しやすい状況に二人を置いた意味で大きな問題があった」と指摘した。
 高裁決定は、二人の供述が変遷したことを指摘した。だが、一九六八年の初公判から第一次再審請求が九二年に最高裁で棄却されるまでの二十四年間、こうした問題点は見過ごされてきた。
 裁判員制度が始まり、市民が刑事裁判に参加し始めた。裁判員に選ばれる人たちは、先入観をもつことなく被告の訴えに官を傾け、証拠を十分に吟味して判断してほしい。
(東京社会部・加藤文)

布川事件再審確定
「無実証明」信じ続け
桜井さん杉山さん
検察、裁判所に怒り
 逮捕から四十二年。無実を訴え続けた元被告の桜井昌司さん(六二)と杉山卓男さん(六三)の前に立ちはだかった再審の扉が、ようやく開いた。茨城県利根町で男性が殺された「布川事件」。最高裁は、確定判決で有罪の決め手とされていた自白の信用性を否定した。「必ず無実が証明される」と信じ続けた二人は笑顔を見せる一方で、捜査当局と、これまで幾度も有罪と決めつけた裁判官たちに対し、「許せない」と憤った。=①面参照
 「自分はやってないんだから、刑務所に行こうと、いつかは分かってもらえる、という信念が支えだった」
 桜井昌司さんと杉山卓男さんは東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し、苦しみ抜いた日々の思いを吐露した。
 刑務所や拘置所での生活は、二十九年間に及んだ。桜井さんは十五日、再審開始決定が伝えられると、妻に電話。「さすがにうるっとした」という。
 検察や裁判所について問われると、にこやかだった二人の表情は一変。桜井さんは「検察官は不利な証拠を隠したまま平然と特別抗告した。検察官や警察の不法行為はひどすぎる」と非難した。
 杉山さんは「公判で分かってもらえると思っていたが、裁判官は分かってくれず(一次再審請求も含め)六回裁判に負けた。裁判官が一番許せない」と表情をこわばらせ「(一九七八年の)上告棄却の時が一番悔しく、人生が終わったと思った」と振り返った。
 桜井さんは「『おまえが犯人だ。証拠がある。見た人がいる』という調べを朝から晩まで続けられた。意志の弱い人間は、死刑や無期懲役よりも、目の前の苦しさから逃げたいと思ってしまう」と自白に至る心理状況を説明。「今でもひどい調べで、たくさんの仲間が冤罪で苦しめられている」と訴えた。
 桜井さんは仮釈放後、腕時計をすると、全身を締め付けられる感覚に襲われるようになったという。
 「無実になったら腕時計ができるかな」と笑った。

検察、証拠隠し露呈

 布川事件で弁護側がこれまでに提出した新証拠は、百四十三点。
二人の自白の信用性が否定された決め手も、第二次再審請求になって検察側が開示し、弁護側が提出した近隣女性の目撃証言や毛髪の鑑定結果などだった。
最初から裁判所に提出されていれば、一審段階で別の判断が出された可能性が強い。
 確定審で自白の信用性を支えた根拠の一つが、事件の日、バイクで被害者宅を通りすがった際、二人の男の姿を見たという男性の目撃証言だった。
一方、弁護側は同じ日に被害者宅の近くを自転車で通りがかった近隣女性の目撃証言を新証拠として提出。女性は杉山さんと顔見知りで「二人の男性の姿を見たが、杉山さんとは分からなかった」と証言していた。
 再審請求審の高裁決定は「女性の証言は信用でき、男性の証言には疑問がある」と判断した。
 現場に残された毛髪の鑑定書も再審請求の段階になって検察側が開示。被害者の近くで見つかった毛髪八本の中に、二人の毛髪は一本もなかった。
 弁護側が新証拠として提出した、桜井さんの自白が録音された取り調べテープの鑑定では、不自然な「重ねどり」の痕跡が明らかになった。高裁決定は、録音の中断などが認められるとして、「取調官の誘導をうかがわせる」と指摘した。

過去の主な再審無罪事件
免田事件(1948年発生)  熊本県人吉市で祈とう師一家4人がなたや包丁で殺傷される 死刑確定後の1979年、再審決定。83年7月に無罪判決
財田川事件(1950年) 香川県財田村(現三豊市)で、闇米ブローカーが、頭や胸などを刺され殺害 死刑確定後の79年、再審決定。84年3月に無罪判決
松山事件(1955年) 宮城県松山町(現大崎市)の農家が放火され、一家4人の他殺体が見つかる 死刑確定後の79年、再審決定。84年7月に無罪判決
徳島ラジオ商事件(1953年) 徳島市のラジオ店経営者が自宅で殺害される 懲役13年確定。請求人の死後の80年、再審決定。85年7月に無罪判決
梅田事件(1950年) 北海道北見市の営林局員の男性が殴り殺され、現金が奪われる 無期懲役確定後、82年に再審決定。86年8月に無罪判決
島田事件(1954年) 静岡県島田市の6歳女児が連れ去られ、近くの山林で遺体で発見 死刑確定後の86年、再審決定。89年1月に無罪判決
榎井村事件(1946年)香川県榎井村(現琴平町)で専売局職員が射殺 懲役15年確定後の93年に再審決定。94年3月に無罪判決
足利事件(1990年)  栃木県足利市の渡良瀬川河川敷で4歳女児が遺体で発見 無期懲役確定後の2009年、再審決定。10年3月、無罪判決の見通し

名張事件
奥西死刑囚「次は私_
 「次は私の番。早く再審を開始してほしい」。三重県名張市で一九六一(昭和三十六)年に女性五人が殺された「名張毒ぶどう酒事件」で、再審開始決定の取り消しを不服として特別抗告中の奥西勝死刑囚(八三)は十五日午後、収監先の名古屋拘置所(名古屋市東区)で特別面会人から布川事件の再審確定を聞き、こう述べたという。
 特別面会人の稲生昌三さん(七〇)=愛知県半田市=によると、この日は別の特別面会人が面会し最高裁決定を説明した。奥西死刑囚は「おめでとうと申し上げたい。本当に良かった。(布川事件の)桜井さん、杉山さん、支援者の方も喜んでいるでしょう」と応じた。
 奥西死刑囚は以前に比べ姿勢が前かがみになるなど体の衰えも目立つといい、稲生さんは「年齢的にも、もう待てない」と話す。

    布川事件の経過
1967年8月30日 茨城県利根町布川の大工玉村
      象天さんが自宅で殺されているのが見つかる(発生は8月28日)

67年10月 茨城県警が、窃盗事件などで逮捕されていた桜井昌司さんと杉山卓男さんが、事件を自白したとして、強盗殺人容疑で再逮捕(12月に起訴)

 70年10月6日 水戸地裁土浦支部が2人に無期懲役判決
 73年12月20日 東京高裁が2人の控訴棄却
 78年7月3日 最高裁が上告棄却
        (同月、2人の無期懲役が確定)
 83年12月23日 土浦支部に2人が再審請求
 87年3月31日 土浦支部が再審請求棄却
 92年9月9日 最高裁が2人の特別抗告棄却
96年11月   2人が仮釈放
2001年12月6日 土浦支部に第2次再審請求
05年9月21日 土浦支部が再審開始決定
26日 検察側が東京高裁に即時抗告
 08年7月14日 東京高裁が即時抗告を棄却、
        再審開始認める
  22日 検察側が最高裁に特別抗告
09年12月14日 最高裁が再審開始を決定

布川事件の再審開始が確定し、支援者から花束を受けとる杉山卓男さん㊨と桜井昌司さん=15日午後6時、東京・霞が関の司法記者クラブで




投稿者 hal : 2009年12月16日 23:21

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://c3plamo.slyip.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/1696