« 検察を好き放題にさせといて、いいのか | メイン | 【Firefox では一部の表示が重なってしまう現象】修正された ~宜野湾市役所 »

2009年12月24日

反米もなにも・・、性根を据えて堂々と主張すればいい ~「普天間基地問題」と「高知白バイ事件」


  ◆ ニッポン国民の覚醒に怯え、追い詰められてるほうがアメリカ
  ◆ 事件が表ざたになるのに怯え、追い詰められてるほうが警察・司法

なんのかかわりがないこの二つ、強引にコジツケることを得意とする本ブログとしては、なんとか結び付けたいと思うわけです。天の声といっては説得力がなくなりますが、二つを同時に考えろと言われたような気がしましたw。というより、一緒に考えられる状況がやってきたということで、そうなったもっとも大きな要因が歴史的な政権交代が実現したことです。

よくよく考えてみると、二つの問題には似た構図があることがわかります。
それは、
  国民が本質を知ってしまい、覚醒してもらっては困るご仁たちがあちこちにいた、いるということです。

【普天間基地問題】

自民党政権が作りだした利権を目ざとく見つけ、それを膨らませるべくちょっかい(外圧という)を仕掛け、政権はその外圧を自分らに有利に働くように巧みに使い、さらに利権の規模を拡大させていき、結果的に両者がWin-Winとなるように、時間を掛けじっくりと関係を深化させていった。

そんな構図があったのにかかわらず、決まった約束だから一歩も譲る気がないというなら、これまでの経緯を国民に説明してその結果国民がどう思うかを聞きたいと思うが・・・というぐらいな駆け引きはやってほしいものです。
情報をちゃんと開示して国民にじっくり考えてもらい、その声、すなわちニッポンの主張を堂々と伝えたらいい。アメリカはニッポンとは対等に接してるとゆってるので、それならなおのこと躊躇することもないし、国民の声をガチンコで届けたらいいです。

【高知白バイ事件】

警察・司法にはすでに法も正義も消え失せてしまっていた。機能が崩壊してしまってるといっていい。
良心にもとづいて判決を下す裁判官もいなくなっていた。出世と保身にしか興味がないヒラメ裁判官ばかりになっていた。よくよく探せば何人かは冷や飯を食わされ続け、保身を捨てた裁判官がいるのかもしれないが、その裁判官に高知白バイ事件が回ってくることは、まずあり得ないことだ。前回のエントリーに検察の現状を取り上げたが、警察はその酷さゆえ論外なので置いておくとしても、たとえ出鱈目な証拠をあげて検察に回してきたとしても、検察が法と正義のもと、ダメなものはつっかえす気概で仕事をし、裁判所は裁判所で検察に睨みを効かし、裁判官を納得させられない起訴は切り捨てる裁判がふつ~うに行われるようになってやっと一人前、先進諸国の仲間に入れる。そこまで進化・近代化すればそうそう酷い冤罪が生まれることはないだろう。

「高知白バイ事件」では、
頑なに逃げ回っている裁判所、それを報道しようとしないというマスコミの現実があって厳しい側面はありますが、国民が知るべきことを妨害していることにも引け目を感じているはずであり、それに対抗するには毅然とした主張をすることが重要だと思います。ないないづくしで活動環境も恵まれているとはいえないがそれでも負けずにちゃんと主張することはするという姿勢をマスコミの彼らにも、そして全国の人々にも見てもらうのはやっておきたいです。
事件もいよいよ最後の仕上げの段階であり、思い残すことがない活動にするためにも、ここらで率直に声をあげるいいタイミングではないかと思います。
肉声でもいいですし、文字でもいいとおもいますが、時間の経過で埋もれないところ、いつでもだれでもアクセスできる場所で表現できたらいいと思います。
KSB瀬戸内海放送のサイトにインターネット放送局「こっちもKSB」があり、そのバックナンバー2009/05/08に山下氏が取材・構成を担当したドキュメンタリー番組「それでも、証拠は動かない」が、テレメンタリーの年間優秀作品に選ばれ、受賞式の様子が収められています。その一コマです。

ただグイグイと告発するだけでも足りないですし、そこにプラスして告発者や家族、また周りの人々が発する思いが視聴者や読者に伝わったら効果が倍増するのだろうということだと思います。このことは同様に事件について発信しているホームページやブログにも、またその他の出版物などについても同じことが言えるのだろうと。

KSBkocjimo090508.jpg 朝日放送報道局長
   ドキュメンタリーには2つの大きな要素
    ① 告発 ② 人間性

投稿者 hal : 2009年12月24日 07:02

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://c3plamo.slyip.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/1704