« 再審決定することに何の不都合があるのか ~逃げてる最高裁 | メイン | 記者会見の案内  ~外国特派員協会4月13日 »

2010年4月 8日

【仮訳】 片岡さん記者会見資料 ~外国特派員協会4月13日


   えっと、どんなことが書かれているか知りたく、無許可かつ無謀でアレですが逆翻訳してみましたw
    

  ※仮訳編集途中ですので、コピペ&引用などご注意ください。意味不確かな部分もあり、もっか思案中です。
※※ できるだけ原文に忠実に、しかしヘンテコな日本語にならないように言葉を変えている部分があります。ご了承ください。

【注釈】
 ◯ the police ・・・事故に遭遇して死亡した白バイ隊員、「白バイ隊員」と翻訳。
 ◯ Policeman A ・・・事故をたまたま目撃した別の白バイ隊員、「別の白バイ隊員」と翻訳。

4月13日(火)12:00~、外国特派員協会で片岡さんが記者会見されます。

FCCJ100413.gif

そこに提出される資料が準備され、支援者さんのブログにアップされています。

   ◇ The judiciary in JAPAN volⅠ (04/08)  --> こちら

Overview of the accident

March 3. 2006, 14:34.
A traffic accident between a school bus and a police motorcycle of Kochi prefectural police department occurred on National Road Route 56 in Kochi city. While the bus loaded with 22 junior high school students was attempting to turn to the right, the motorcycle advancing from the right side collided with the bus.

事故の概観

3月3日。 2006, 14:34.
高知市の国道56号でスクールバスと高知県警察の白バイの間で交通事故が起きました。 22人の中学生が乗っていたバスが、右に曲がるのを試みていたとき、右側から向かってきた白バイがバスに衝突しました。

About 30 minutes later, the bus driver Haruhiko Kataoka was arrested on site for professional negligence resulting in injuries and taken to the police station. At almost the same time the school principal and three of the students who witnessed the accident were also escorted to the same police station and requested to describe the accident.
約30分後、片岡晴彦バス運転手は負傷させた業務上過失の容疑で逮捕され、警察署に連行されました。 事故を目撃した学校長と3人の学生が、ほとんど同時に同じ警察署に連れていかれ、事故について説明するよう要求されました。


They were interviewed not where the accident occurred but at the police station. Meanwhile, only the policemen, without the driver or any of the witnesses, conducted the on-site investigation. The driver, Mr. Kataoka, was left alone in the police office, without being inquired about the accident.
事情聴取は事故が起こった現地ではなく、警察署で行われました。 その間、運転手もいずれの目撃者も立ちあわず、警察官だけで現場の調査を行いました。 片岡運転手は事故に関して問い合わせられず、警察署に一人放っておかれました。


When the death of the policeman on the motorcycle reached the office, Mr. Kataoka was taken back to the site and the investigation was restarted with him. However, he was not allowed to get out of the police car and was not even allowed to look outside the window.
白バイ隊員の死が警察署に届いたとき、片岡さんは現場に連れ戻されました。そして、片岡さんを交えて調査が再開されました。 しかしながら、片岡さんはパトカーから出るのを許されず、窓の外を見ることさえ許されませんでした。


After 2 days of being told the death of the police officer was his fault, an exhausted Mr. Kataoka was released by the police. The police officer died from a thoracic aorta rupture.
白バイ隊員の死は片岡さんのせいだと言われつづけ、2日後、疲れ果てた片岡さんは警察によって釈放されました。 白バイ隊員は胸大動脈破裂で死亡しました。


Prosecution

Eight months after the accident, Mr. Kataoka was summoned to the Kochi prosecutor's office. The description of the accident presented to him was completely different from what he had actually experienced.

起訴

事故から8カ月後、片岡さんは高知地検へ呼び出されました。片岡さんに提示された事故の記述は片岡さんが実際に経験したことと完全に異なっていました。


He stopped the bus near a central divider on the 3-lane road for about 30 seconds to attempt to turn to the right, waiting for a traffic break in the lanes ahead. The police motorcycle crashed into the stopped bus at a considerably high speed.
片岡さんは、右に曲がるために3車線道路の中央分離帯近くでバスを約30秒間止め、車線の先頭で流れが途絶えるまで待っていました。 白バイはかなり速い速度で止まっているバスに衝突しました。


On the contrary, the assistant prosecutor explained the case as follows:

"The bus darted into the intersection without checking for oncoming traffic and knocked down the motorcycle at the point of 6.5 meters from the walkway while then engaging the emergency brake and screeching to a halt dragging the motorcycle for 3.0 meters."

これに反して、副検事はつぎのように事故状況を説明しました:

対面交通のチェックをせずに交差点に進んだバスは、歩道から6.5mの先で白バイを跳ね、急ブレーキと摩擦音とともに3.0m引きずりながら停止。


These details were completely different from what Mr. Kataoka had experienced. Mr. Kataoka maintained that he thoroughly confirmed safety before entering the roadway, that he did not engage the emergency brake when the motorcycle collided because the bus was stopped and that the proposed collision point was completely different from reality.
これら事故状況の詳細は片岡さんが経験したこととは完全に異なっていました。 片岡さんは、彼が道路に入る前には徹底的に安全性を確認していた。白バイが衝突したとき、片岡さんは急ブレーキを掛けなかった。なぜならバスは止まっていたので。警察から提示された衝突地点は現実と完全に異なっていると主張しました。

               

Kataoka The prosecutor

The assistant prosecutor completely rejected Mr. Kataoka's claim and thrust a photo at him. The photo showed skid marks of 1.0 meter on the right and 1.2 meters on the left, which were supposed to prove the use of the bus' emergency brake. Mr. Kataoka was speechless.

片岡  検察官

副検事は、片岡さんの申し出を完全に却下し、彼に写真を突きつけました。 写真は右側の1.0mと左側の1.2mのタイヤのスリップ痕を示し、バスの急ブレーキの使用を証明していると思われた。 片岡さんは無言でした。


Prosecutor's assertion

The prosecutor submitted 135 photos taken at the site and the analysis of the accident by the Crime Laboratory of Kochi. The prosecutor also presented scientific analysis regarding the motorcycle and the bus's speed at the time of the accident. The analysis concluded that the bus was traveling at a speed of 14km/h and the motorcycle between 30km/h and 40 km/h. He also called as a witness another motorcycle policeman who had supposedly passed the scene of the accident by chance.

検察官の主張

検察官は事故現場で取られた135枚の写真と高知・科学捜査研究所による分析を提出しました。 また、検察官は、事故時点における白バイとバスの速度に関する科学的解析を提示しました。 分析は、バスが14km/hの速度で、白バイは30km/hから40km/hの間で動いていたと結論を下しました。 また、検察官は、目撃者として偶然に事故現場を通過したと思われる別の白バイ隊員を呼びました。


Policeman A testified that the speed of the oncoming motorcycle was 60km/h by eye measurement from a distance of 170 meters and that the speed of the bus, which was advancing from the right towards the left, was 10km/h by eye measurement from a distance of 120 meters.
別の白バイ隊員Aは、接近してくる事故白バイの速度が170メーターの距離からの目測で60km/hであり、右から左に向かって進んでいたバスの速度が120メーターの距離からの目測で10km/hであると証言しました。

投稿者 hal : 2010年4月 8日 06:02

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://c3plamo.slyip.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/1829