« 二度目の「起訴相当」を出したら笑われる ~検察審査会 | メイン | 畑だったとは・・・  ~世田谷の土地 【 陸山会事件 】 »

2010年5月10日

決定的証拠物件「ネガフィルム」 ~隠し続ける警察と検察


3週間前のことでした。『片岡さんご本人が検察に直接乗り込んで、捜査資料をみしてくれ!』と要求してみては、とコメントしたことがありました。
これまでに弁護士を介して請求したことはあれど直接請求したことがなかったということなので、本人が来れば検察はなにか反応を示すはずであり(それが重要)、そこからまた新たな作戦を考えられるから。

・・・・、どんな反応したのか、まだ現物は出てきてないようです。

6本の撮影済みの銀塩写真のネガフィルムがあるはずです。が、ひとコマたりとてでてきていません。完全隠蔽を貫き通しています。

写真に写っているからホンモノだ
これは、高知地方裁判所・片多康、高松高裁・柴田秀樹(ともに当時の裁判官)が認定したことです。彼らが自分の目で現場を確認したわけでもなく、ましてやネガを確認したことはありません。警察・検察が出してきた印画紙だけを真に受け、それらを証拠と認定してしまった事件です。
きょうび、画像が簡単にいじれる時代です。こどもだって知っている話ですね。
ですから印画紙上の画像の根拠となったオリジナルのネガフィルムを合わせて提出しないと証拠能力がないことぐらいは常識です。そのことに異論を挟む余地などありません。

 ■警察の主張に科学的合理性があるかな? (1) ~高知白バイ事件「国家賠償訴訟」-->こちら


真相が世間に知れたらトンデモないことになるぐらいな認識はあったはずです。結局、別の事故状況を作り出し、それを補強するには決定的となる最重要証拠を隠すほかないと決断。警察には力関係で負けている検察、その検察にさらに負けている裁判所がミエミエの連携プレーを行いました。

「 ネガを出しなさない ・・・裁判長による提出命令 」
 これまでの裁判で、どの裁判長も命令しませんでした。その一言でどうなるかはわかっているので、さすがにビビったでしょうね。とてもじゃないけどゆえない、と。

でも、裁判長のこの一言で、すべてカタがつきます。
事件は終了です。

裁判長にだけ与えられている職権のひとこともゆえず、結局、逃げまわっているだけの裁判所の実態が曝け出されています。直近の国賠訴訟もそうでした。
そしてまもなく提出する再審請求で裁判所がまた逃げるのか、ご注目ください。
  
現実の「力関係」の構図 ・・・・                警察 ≫ 検察 ≫ 裁判所
しかし、こうならないとマトモな裁判にはなりえない・・・ 警察 ≪ 検察 ≪ 裁判所

このように力関係が全く逆だったら、事件にすらならず単なる交通事故として処理されていたはずです。バスの運転手やその家族だけでなく、遺族をも巻き込み共に被害者にしてしまった警察・司法がやったことの責任の重大さは厳しく追求されることになります。

検察が最重要証拠を隠した裁判事例はこれが初めてではないですが、高知白バイ事件が極めて悪質なのは事件に直接公務員が関わっていて、その犯罪行為を隠蔽するために検察がその証拠物件を隠し続けていることです。これ以上の悪質な事件がほかにあるでしょうか。

支援者さんの直近のエントリーです。
   ◇ 証拠写真捏造 (1) --> こちら

 ・・・ 写真捏造のやりかた 高知白バイ事件 ・・・


監視委員長さん Good Job!

投稿者 hal : 2010年5月10日 06:21

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://c3plamo.slyip.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/1870