« ロシア調査団、徹底的に調べてもらいまひょ ~哨戒艦沈没 | メイン | 渡りに船、横車を押すつもりか(普天間) ~相手にすべきはアメリカだ »

2010年5月29日

屈辱的な会見だった ~日米合意にあっさりサイン

きのう2010年05月28日、ニッポンとアメリカの外務・防衛大臣(2+2)による共同声明が発表されました。それにかかる鳩山首相の会見が行われました。国民の思いはさまざまで「聞きたくもないっ!」という感情があったにせよ、一度はちゃんと聞いておきたいものです。

鳩山政権にとって、普天間問題はきっかけであり、本質は日米関係の見直しだったはずです。新政権はアメリカとは一定の距離を置き、対米自立をめざしていた・いる、はずです。民主党を支持した人にはそれぞれ思いがあり、そのなかには「対米隷属はもうたくさんだ」と癖癖している人たちもいたと思います。

あろうことか、日米合意にあっさりサインされてしまい、第一幕は終わってしまいました。
まぁ、サインがされたとはいえ、これからが本番です。すくなからずこの合意が足を引っ張ることにはなりますが、サインがあったところで沖縄に新たな基地ができようはずがありません。

動乱の第二幕・・・、が予想されます。

で、この会見ですが、感情的なものをフィルターで取り除いて一言一句聞いてみると、次の作戦に向けての燃料やヒントが詰まっていると思います。ほんとうならテープ起こしをしたいところです。
鳩山氏の個人的な問題も然りですが、ここでいちいち取り上げても仕方のないことでありそれよりもそれを云々する前に再評価しなければならない重大な問題点があり、先に潰しておく必要があります。
 
    ① 誰と誰と誰が邪魔をしたのか、全て列挙
    ② 傲慢・強欲なアメリカ、狙っているものをきちっと晒す

これらの総括をやり、共通の認識を作り、ターゲットを明確にしないと第二幕でも外部からの揺さぶりやノイズによってブレてしまい、なかなか先に進めないだろうことを心すべきだと思います。

会見は全編1時間5分と長いですが、まずは最初の10分です。官邸ビデオは --> こちら

1.
いったい、誰。この突っ込みどころ満載な原稿をつくったのは。
2.
「北朝鮮の行動は許し難いものであり、国際社会とともに強く非難いたします。日韓首脳会談、日韓中サミットにおいて、しっかり議論してまいります。」

決めつけている。朝鮮半島の緊張を煽ることで日米同盟を浮き立たせ、普天間でそれを使い、同時にアメリカに忠誠を尽しているんだと媚を売り諂っている印象すらある。単に利用されていることもわからず、利用しようとする愚かさ。
3.
 
4.
「なぜ、日米合意というものを優先させたかということでございますが、これは1つは、やはり日米の信頼関係というものを維持することが私は最大の抑止力であり、このことが今回いろいろと、韓国と北朝鮮との間の衝突事案もあったわけでありますから、東アジアの安全のために大変大きな役割がある。したがって私どもとしては、半年の間にアメリカとの間での交渉は成立をさせるべきだと考えたからでございます。」

いろいろ理由をあげているが結局アメリカを最優先している。
5.
 
6.
 抑止力の御説明ということでございます。私は、先ほども若干申し上げましたけれども、日本とアメリカが信頼関係の下で結ばれているということが最大の日本にとっても、また東アジア、アジア全体にとっても最大の抑止力の効果があると、すなわち、そのことによって、アジアの国々の平和が保たれるという意味で抑止効果があると思っております。
 したがって、アメリカあるいはアメリカ軍がパッケージとして日本に存在をしていることの意味合いが大変大きいと思っております。その中で沖縄における海兵隊が、これは御案内かと思いますが、指令部と地上部隊あるいは航空の部隊、更には後方支援の部隊とさまざまあるわけでございまして、それ全体が1つになって行動している。機能を果たしているということで、これはアジア全体の海兵隊の存在が抑止効果を持つと、私はそのように考えておりまして、その一部をなかなか外して機能を、例えば遠い県外に移すということは、日本にとっても抑止効果が失われるという思いの下で、極めて難しいという判断がなされたところでございます。


単に利用されているだけ。
7.
私はこれは50年あるいは100年かかっても、日本という国の安全保障、すなわち平和というものは、日本人自身で守らなければならないと思っております。そういう状況をどのようにしてつくり上げていくかということ、すなわち、そのために現在、何をするかという発想が必要だと考えております。
 私はその意味で、さまざま技術的な部分も含めてでございますが、自衛隊の自衛力も含めて、全体としての日本の安全をどのようにして日本自身が守れるような環境にしていくかということを今から考えていく必要があると思っております。そのことを行っていきながら、一方で米軍の基地の整理縮小というものがなされても、この国の平和が守られると。


絶好のチャンスが目の前なのにアメリカに対して「国外」を一言もゆえなかった。どんどんゆっていこう!!そうじゃないと50年、100年先の話は信用できない。


投稿者 hal : 2010年5月29日 10:08

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://c3plamo.slyip.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/1900