« 新たな構図に警戒! ~裁判を長引かせ、事件をデッチ上げる | メイン | 「正義」は実現されなければならない ~検察が総括される日 »

2010年10月25日

きょう命日 石井紘基・8周忌 ~誰に殺されたのか

【 追記:ビデオ閲覧できます! 】 新着記事
 スイマセン、リンクミスしてました。訂正しました。


【 番組のお知らせ 】

・・・ 闇に包まれた国会議員・石井紘基氏殺害事件 ・・・
DocumentarySengen101030.jpg

ついに実行犯に直接取材、
明らかになった真実とは?
追跡...石井紘基殺害から8年 浮上した真実
・・・
犯人は逮捕されたものの動機は曖昧なまま。公判では量刑を決めるだけで終わってしまった。
何が動機なのか...
我々はすべての裁判資料に目を通し、
同僚議員などに話を聞くが動機は不明。
しかし継続して取材を進めると
数々の疑問がさらに浮かび上がった。
事件から8年、今改めて事件の闇に迫る。

放送日:2010年10月30日(土)
放送局:テレビ朝日
番組名:報道発 ドキュメンタリ宣言スペシャル
放送時間:16:30~17:30



 石井紘基元衆議院議員の番組が放送予定、只今編集中とのことです。

放送日:2010年10月30日(土)
放送局:テレビ朝日
番組名:報道発 ドキュメンタリ宣言スペシャル
放送時間:16:30~17:30


・・・ 石井紘基議員 暗殺の謎 1/3 ・・・

・・・ 石井紘基議員 暗殺の謎 2/3 ・・・

・・・ 石井紘基議員 暗殺の謎 3/3 ・・・


・・・ 民主党 石井こうき ・・・
「室舘勲のブログ」へリンク
isikoki.jpg


  謀略が跋扈した小泉政権下で起きた事件だった
    現役の国会議員が刺殺された衝撃的な事件(戦後三人)

FNSドキュメンタリー大賞 から一部引用

石井紘基 日本病の正体

 2002年10月25日、一人の政治家が凶刃に倒れた。
 衆議院議員、故・石井紘基(62)

 残されたのは遺族と、段ボール箱、63箱に及ぶ膨大な資料。
 議員生活10年、石井紘基はなぜこれだけの資料を集めたのか。
 石井はなぜ、殺されなければならなかったのか。

 国会議員が持つ「国政調査権」を使った徹底的な追及、調査。石井紘基は「税金の無駄遣い」と「不正の追及」にすべてをかけていた。

■石井が残した63箱の資料
 ここ数年、石井紘基は「国会の爆弾発言男」と呼ばれていた。自らの手による徹底した調査と追及。事件直後から「闇の勢力」による謀殺説がささやかれたのは、石井がこの国を揺るがすような情報を握っているからだといわれた。
 事件直後、関係者は、議員会館に残された資料を運び出し、ある場所に保管した。国会議員としては異常とも言える63箱の膨大な資料には何が残されているのか。
一人娘のターニャさん(31)は、父・石井紘基の遺志を継ぐため、資料の開封に取りかかる。
 箱から次々と出てくる資料や、手書きのメモからは石井の独自な視点が垣間見える。この63箱の中には、政治家・石井紘基が見た風景がすべて詰まっている。

■特殊法人問題の追及、石井紘基が見た本当の日本の姿
 1991年、石井の予言から20年の時を経て超大国・ソビエト連邦は崩壊した。時を同じくして、国会議員となった石井は、この国の実態を明らかにしようとした。
 小泉内閣が掲げる特殊法人の問題に関しても、石井は誰よりも早く目をつけ、徹底的な追及を行った。自らの手と足による調査。時にはブラックな情報源とも接しながら石井が手に入れた資料は、国会を揺るがしていった。
 この国の本質的な問題を追及していく石井の目に映ったのは、かつて留学したソ連と同じ、一部の政治家と官僚が思うがままに経済を操る、資本主義の仮面をつけた社会主義国・日本の姿であった。

 2001年FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品・特殊法人レクイエム(2001年8月2日)

    ◇ 「石井紘基 日本病の正体」 日本病の正体が見えてきた
クリック ↓ でYoutubeを開く  石井紘基 日本病の正体

isiKoki071026_s.jpg
isiKoki071026.jpg


・・・ 「石井紘基 日本病の正体」 日本病の正体が見えてきた ・・・
 ナレーション 発言
ishiiKoki_1このままでは国(ニッポン)が潰れる。
石井はニッポンを蝕む病にメスをいれようとしていた。
しかし、・・・・
ishiiKoki_42002年10月25日
衆議院議員・石井紘基代議士刺殺される
伊藤白水は「家賃の工面を断られたため、仕返しでやった」と供述したが、
石井が国会議員や官僚の腐敗を徹底追及していたことから暗殺されたとみる人も多い
(死亡直前の「これで与党がひっくり返る」などという発言等が挙げられている)。
伊藤白水は2005年11月15日、最高裁で無期懲役の判決が確定した。(Wikiより)


ところが・・・・

事件7年目の真相 「頼まれたから殺した」
テレビ朝日スーパーJチャンネル2009年2月11日
・・・ 伊藤白水は出所したその日から命を狙われる ・・・

Youtube へのリンク ↓発言など
石井紘基議員刺殺の真相superJchannel0902112002年10月25日事件発生

  事件最大の謎

  ~消えた資料~

  3日後、28日に国会質問だった
石井紘基議員刺殺の真相superJchannel090211_2
文通の手紙の中で、
「当方の事件は色々と政治の裏側で動く金や人脈が関係していたこともあり当方一人に全部背負わせて刑務所で死んで呉れれば一番よい、という結論がでた結果だとおもっています。」

今月になって面会室で重い口を開いた
でたらめを言わざるをえなかった

頼んだ人が誰かを言わなくてはいけなくなる


石井紘基議員刺殺の真相 1/2

石井紘基議員刺殺の真相 2/2

【政治】故・石井紘基議員の殺害犯、「本当は頼まれたから殺した」「法廷での証言はでたらめ」と獄中で告白...テレ朝が報道

1 :ぽこたん( ・∀・ )φ ★:2009/02/11(水) 19:17:40 ID:???0
さきほどのテレ朝のスーパーJチャンネルで石井紘基・元民主党議員の殺害犯が獄中の独占告白として取材に答えており、
「本当は頼まれたから殺した」「法廷での証言はでたらめだった」などの発言をテレ朝が報道したのを記者が確認。

その時の実況スレ(すでにDAT落ちしてる) http://live23.2ch.net/test/read.cgi/liveanb/1234342726/

衆議院議員・石井こうき代議士刺殺事件
【事件概要】
2002年10月、東京都世田谷区の民主党・石井紘基議員宅のガレージ付近で、自宅を出て迎えの車に乗ろうとした
石井議員(61歳)がバンダナをまいた男に胸を包丁で刺され、殺害された。
26日朝、右翼団体「守皇塾」代表で、書籍販売業の伊藤白水(本名・伊藤いずみ・48歳)が
「自分がやった」と霞ヶ関の警視庁本部に出頭し、逮捕された。

http://yabusaka.moo.jp/ishii.htmより抜粋

★関連サイト
故・石井紘基ホームページ http://www014.upp.so-net.ne.jp/ISHIIKOKI/
故・衆議院議員石井こうき事件の真相究明プロジェクト http://homepage1.nifty.com/kito/ishii/

★石井紘基とは?wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E4%BA%95%E7%B4%98%E5%9F%BA
230 :名無しさん@九周年:2009/02/11(水) 20:04:12 ID:4/HntALQ0
石井が暗殺された時は、メディアが異常なまでに小泉純一郎を担いでいた時代

424 :名無しさん@九周年:2009/02/11(水) 20:36:13 ID:HOrWRZSf0
『だれも知らない日本国の裏帳簿』
2002年殺された石井紘基議員は小泉純一郎改革の嘘を追及していた。
「だれも知らない日本国の裏帳簿」彼はこのタイトルの本を出している。
国会議員として命をかけて調べあげた日本の現実だ。
 
1、日本の年間予算として公式に発表されている約85兆円という数字は現実ではない。本当の予算はこの一般会計85兆円と特別会計175兆円を合計した260兆円が本当の予算である。この、特別会計175兆円は国会の審議を経ることのない憲法86条違反の予算である。 
※憲法86条 「内閣は、毎年会計年度の予算を作成し、国会に提出して、その審議を受け、議決を経なければならない」
おまけに、特別会計は年約30兆円の赤字を出している。一般会計赤字を加えると毎年70兆円の赤字を出している事になる。その総額は1000兆円を超えている。これは国税収入の22年分に相当する。(2001年の時点)
『実質、260兆円の年間予算は、首相も大臣も、その数字すら知りません。国会で決めるのは抽象的な「予算」にすぎず、具体的な「箇所づけ」や事業予算は、官僚や族議員の意向などによって決めています。 しかも、決算もおこなわれていない。考えられる理由はただひとつー税金の本当の使いみちを国民に知らせることができない、ということ。』(著書抜粋)


643 :名無しさん@九周年:2009/02/11(水) 21:14:23 ID:8UQZXnHn0
小泉首相時代の不審な事件

【議員】石井紘基:民主党議員。政界を震撼させるようなネタが見つかり、国会で追及する準備中に刺殺。犯人は金に困った男だとされたが、石井の懐の30万円には手をつけず、鞄の中の資料のみを持ち去る。
【911関係】長谷川浩:NHK解説主幹。イスラエル国籍を持つ数百人が被害を免れていたことを発表。数日後にビルから転落死。
  米森麻美:元日本テレビアナウンサー。義父がゴ-ルドマンサックス証券名誉会長。出産3週間後の2001年9月16日自殺。
りそな関係】平田公認会計士:りそな銀行を監査中に自宅マンションから転落死。
  鈴木啓一:朝日新聞で敏腕記者として知られた人物。次期天声人語執筆者と目されていた。りそな問題後、りそなの政治献金が10倍になっていることを記事にし東京湾に浮かぶ。自殺。
  植草一秀:ご存知、経済学者のミラーマン。りそな問題について言及した後、手鏡でスカートを覗き、痴漢逮捕。
  太田調査官:国税調査官。りそなの脱税問題を調査中に手鏡でスカートの中を覗き、痴漢逮捕。
【郵政関係】石井誠:読売新聞政治部記者。郵政問題の記事を書いていた。総連の隣のマンションで変死体で見つかる。事故死。
【ライブドア】野口英昭:証券マン(エイチ・エス証券)で、ライブドアの匿名投資組合に関する入れ知恵をしていた人物。沖縄のホテルで受付に助けを呼びつつも割腹自殺。
【耐震偽装】森田信秀:森田設計事務所社長。木村建設/総研/ヒューザーなどの耐震偽装問題が浮上する直前に鎌倉市の海岸で遺体を発見。
  姉歯元1級建築士の妻:姉歯が失踪し「消されたか?」と囁かれだした直後、突然自殺。その後姉歯が姿を現し、逮捕される。
  斎賀孝治:朝日新聞デスク。耐震偽装問題を調べていて自殺。
【イラク関係】奥克彦在英国大使館参事官、井ノ上正盛イラク大使館三等書記官: イラクで銃撃死。政府が情報公開を拒むなどしたため米軍誤射など様々な憶測を呼ぶ。
【厚生関係】小泉が厚生相時代に厚生省&社会保険庁の使い込み問題で、火消し役として任命された事務次官(退官済み)とその妻が刺殺される。この事務次官は野党が証人喚問を予定していた人物らしい。
679 :名無しさん@九周年:2009/02/11(水) 21:23:16 ID:G4qWZiXO0
>>643
小泉―竹中ラインがアメリカの共和党の支持母体である金融筋に資金を流すためだけに奮闘していたのは自明の理だし、小泉政権下で不可解な死が続いたのも事実だ。
しかし何故そこまでアメリカは郵貯資金に拘ったかが気になる。
あまりに人が死にすぎている。
   ■ 日本病もついに末期症状 --> こちら

菅直人は事件後、
「政治的な腐敗に厳しいメスを入れてきた人、それを暴力的に邪魔しようとした可能性も考えられます。」とコメント。積まれたダンボール箱のそばに立ち、さも真相を究明するかのような振る舞いだった。
ところが、
何ヶ月経っても菅は開けようともしなかった。仕方ないので娘の石井ターニャさんは引き取り、自ら調べ始めた。

小宮山洋子が弔い選挙に出馬。
が、誰のお陰で当選できたかもすっかり忘れてしまい、いまでは反小沢、菅を支持している。



【追記】2010.11.6
『保坂展人のどこどこ日記』石井紘基さん殺害事件から8年、封印されたもうひとつの「謎」
   --> こちら
石井紘基さん殺害事件から8年、封印されたもうひとつの「謎」

http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/b57bd555544f837f9b2caab70714949c?fm=rss

メディア / 2010年10月31日

 石井紘基衆議院議員が刺殺された10月25日から8年が経過した。
昨夜、テレビ朝日『ドキュメンタリ宣言』で大野記者が長期間にわたって独自に取材を進めてきたことが放送された。内容的には、必ずしも「新事実」が明らかにされたわけではないが、「動機は個人的怨恨」との供述で法廷の場も通した伊藤白水受刑者が、「頼まれた」「デタラメを言ったのは、依頼した人の顔を潰すことになるから」と面会で明らかにしたということは衝撃的な証言だった。

 この事件には、あまりにも謎が多い。昨夜の番組も多面的に取材を重ねてきたので、ほとんどについて言及している。(「再.放送は、BS朝日11/1の 27時(11/2の午前3時だそうなので、是非見ていただきたい) だが、番組でカバンに入ったいた資料の行方を何度も話題にしていたが、石井さんの背広の内ポケットに入っていた「衆議院手帳」も消えているのである。この手帳があれば、本人しか知らない面会・行動予定が明らかになるはずだ。

 警察の捜査は、「こうあってはならない」という見本のような捜査だった。現場保存、指紋採取さえ十分に行なっていない。どうやら、警視庁捜査1課ではなくて公安部が捜査したようだ。国松長官狙撃事件が暗礁に乗り上げたように、公安部が捜査に乗りだすとロクなことはない。警察の捜査が公安部だとすると、東京地検公安部の責任も大きい。死後、8年。なぜ、石井さんの死の真相は「闇」のままに封印されているのか。

 警察・検察は、「犯人の個人的怨恨で社会的・組織的背景なし」という枠を自らつくり、現場から消えていた「翌週の国会質問の資料」「衆議院手帳」などの捜査をまともにした形跡がないからだ。従って、裁判所も「怨恨という供述を到底信用することは出来ない」として判決に納得しがたい遺族の気持ちをおもんばかった。「司法」に大きな期待を寄せていた遺族にはむごい話なのだが、警察・検察の捜査に「社会的・組織的背景なし」という前提条件が付されている以上は、法廷で新事実が出でくる可能性はほとんどない。

 石井紘基さんは衆議院東京6区(世田谷区)で旧日本新党から当選し、自由連合、新党さきがけを経て、民主党に移り当選(3期)を重ねていた。石井さんは元は、社会党書記局につとめていて『社会新報』の記者だった。その後に、社民連に参加し長らく事務局長をしていたと聞いている。私は、石井さんより遅れて当選し、98年から同じ選挙区(東京6区)を舞台に活動してきた。だから、地元の行事など土日は一日に何度も顔を合わせて、新年会シーズンなどは深夜まで地元の商店街の会合でカラオケを歌ったこともある。国会でも、石井さんの活躍した決算行政監視委員会で一緒だったから、共に過ごす時間は相当にあった。

 事件後、民主党は「党を挙げて徹底して真相解明する」と内外に宣言した。当然のことで、どんな調査結果が出るのかに注目していたが、残念なことに「党を挙げて調査したかった」という気持ちの表明以上のものはなされなかったようだ。調査の対象になるはずだった石井さんの議員会館にあったダンボールは、ほとんど手つかずのままに遺族の下に返ってきた。その様子を見て、私は2003年衆議院法務委員会で事件について質問をしている。

 この質問の中には、私自身の記憶の中にわだかまっている「謎」がこめられている。石井さんが暴漢に襲われたのは、2002年10月25日午前10時半に自宅前である。10時36分には、110番通報がされている。衆議院の運転者が犯行の一部始終を見ていた。凶行を終えた犯人は、悠然と現場を立ち去ったと言われている。

 私はその日、翌日に訪米して平和集会でスピーチをするために、議員会館で苦手な英語のレッスンを受けていた。そこに、テレビで「石井議員刺される」のスーパーが緊急ニュースとして出てきたから驚愕した。その衝撃もさめやらない頃に、私の携帯電話が鳴った。

「保坂さん、伊藤白水という男を知っていますか」

 石井議員が救急搬送されて「絶命」したかしないうちに、永田町の新聞記者の間では、翌日に出頭逮捕される人物の名前が流れていたのである。これが、昨夜のテレビ朝日が取り上げることのなかった大きな謎のひとつだ。国会議員が襲撃されて殺されるという異常事態の上に、翌日に犯人として出頭してくる人物の名前が、事件直後に政治記者の間に拡がったとしたら、どんな事実が推測出来るだろうか。

「襲撃殺害計画を事前から知る立場」「襲撃殺害するならこの人物しかいないという確実な情報を持っている立場」「襲撃殺害したと関係者からの電話などで報告を受けた立場」などが考えられる。自首してきた被疑者の名前は報道されるから誰でもわかる。でも、この事件では事件直後で犯人逃走中の早い段階から「名前」が流れていたのである。

 この点を私は国会で指摘した。誰からどのようにして「名前」が流れたのかも「捜査対象」だと考えたからだ。8年前に国会内にいた記者なら誰でも知っていることだが、この件が新聞・テレビで報道されたことはない。議事録の関連部分を添付することにする。民主主義が日本にあるなら、先の選挙で、大量に当選した民主党所属議員の誰かが、真相究明の作業に乗り出すはずである。その誰かに期待したい。

〔引用開始〕

〔2003年10月13日衆議院法務委員会〕 

保坂(展)委員 民主党の石井紘基議員が亡くなってから、やがて一年になろうとしております。私の議員としては先輩に当たりますけれども、同じ委員会に属して石井議員の質問をお聞きしたり、あるいは超党派で、これは公共事業チェック議員の会というのをやっておりまして、ダムに行ったり、静岡空港あるいは神戸空港、そういう現場にともに行動をしたという間柄でもございました。また、地元でさまざまな会合あるいは行事などで席を同じくするときも大変長かったんですね。
 そういう意味で、私は自分の議員会館の部屋であのニュース速報を見ましたが、全く血の凍る思いで受けとめました。何ということが起きたんだろうということで、心から追悼の気持ちを込めながら、やがて一年ですから、この事件について幾つかお尋ねをしたいと思います。(略)
 そして、この事件のニュースは、大変衝撃を持って、私ども同僚議員あるいは国民幅広く衝撃を与えたわけですよね。石井議員は、さまざまな特殊法人問題であるとか利権の問題だとか、いろいろ追及をし、また調査をされる、そういうことをやりました。
 背後関係は一体どうなんだろうかということが大変話題になりましたけれども、捜査本部には公安三課も入って解明に当たったという新聞報道などもありましたけれども、背後関係についてはどうだったんでしょうか。

○栗本政府参考人 この事件につきましては、先ほど委員御指摘のように、本当に許しがたい重大かつ凶悪な事件と認識をいたしまして、警視庁においては、即日、特別捜査本部を置いて捜査を行ったわけでございます。
 その中におきましては、事案の全容解明という観点から、当然、組織性なり、その背景、動機、これについても徹底した捜査を行ったわけでありますが、その結果、この事案については、個人的な問題に起因いたします逆恨みによる犯行であったという報告を受けているところでございます。

○保坂(展)委員 その後の新聞報道などで、かなり長いこと石井議員はねらわれていたという報道がございました。つまり、十月に事件が起こりましたけれども、それ以前からと。例えば、そういった情報は事前に得られて、身辺警護などを検討したというようなことはなかったんでしょうか。

○栗本政府参考人 今の、具体的な情報に基づいて身辺警護等を行ったということにつきましては、ちょっと主管をいたしておりませんで、私の立場で現時点で責任を持ったお答えをできないことを御了解いただきたいと思います。

○保坂(展)委員 きのうの午後からいろいろ準備をしてみて、ちょっと思い当たったことがあるんですが、私は、この事件は、先ほど言ったように、テレビのニュース速報で知りました。そして、お昼ぐらいだったかと思いますが、大変な騒ぎになりましたもので、新聞記者から電話がありました。そして、被疑者の名前を記者は言って、この名前の人物を知っているかという問い合わせがあったんですね。これは事実です。そのほかの方に聞いてみても、早い場合には十一時過ぎには国会周辺でその被疑者の名前が挙がっていた、実行犯は彼ではないかと。これはどういうことでしょうか。
 つまり、単独の怨恨ということで、みずから単独で、他に知り得る者がいなくて行われたとするならば、どうしてそんなに早くその情報が駆けめぐったのかということについて何が考えられるでしょうか。

○栗本政府参考人 ただいま御指摘の委員の周辺においてどのような情報が寄せられたかと。大変、私、確認いたしておりませんのでそれについてはわかりませんが、先ほど申し上げましたように、本件捜査については、先ほど申し上げた、背景、動機等、あるいは組織性がないのか否かという観点からも徹底した捜査を行っているところでございます。その結果、先ほど申し上げたような動機において送致をし、既に起訴され、また、その内容については、現在公判の中でその辺が大変重要なポイントとして大きな重きを持っていると思っておりますので、答弁を差し控えさせていただきたいと思います。

○保坂(展)委員 刑事局長、私がお聞きしたいのは、名前を聞いたんです、直後に。びっくりしましたね。こういった事件の場合、なかなか、もう逃走した後ですから、捜査が難航したりとかいうこともあり得るというふうに思っていましたので。その名前がわかったと。しかし、その名前がわかった時間が余りにも早い。
 一般論でも構わないですから答えていただきたいと思うんですが、もし、こういった事件が起きた直後に名前が出るということは、事件そのものかあるいは事件につながる危険性、可能性について事前にだれかが知っていたという可能性はないですか、そういうことは考えられませんか。余りにも早く名前が出たということについて非常に不可思議に思っているんですが、その点は、例えばそういうことも含めてお調べになったということはありますか。

○栗本政府参考人 御指摘の委員の情報そのものにつきましては、先ほど来御説明しておりますように、掌握しておりませんが、当然、警察の捜査の中では、被害者の方に関する周辺の捜査を徹底いたしますし、先ほど申し上げたように、動機の観点からの捜査も進めます。その意味において、結果的には、現在の被告人である当時の被疑者については、被害者の方との関係において面識があるという関係でございますから、そのような中で何かそのような情報が駆けめぐったか否かについては、あくまでも推測でありますが、そういうことがあるとすれば、それはそうなんだろうと思っております。

○保坂(展)委員 もう一点。これはもう法務大臣に直接、今のやりとりを踏まえて聞きますけれども、公判において真実が明らかになるということを期待するところですけれども、国会議員の議員活動あるいは調査あるいは発言、こういうことに伴って生命が奪われるような暴力が襲いかかってくるとしたら、これはまさに暗黒時代ということになります。
 なお、幾つかの点について、この事件の真相を、本当に公訴事実以外にしっかり徹底した捜査が行われたのか点検をして、さらに全容解明に尽くしていただきたいと思うのですが、いかがでしょうか。

○野沢国務大臣 石井紘基議員の遭難につきましては、私も大変ショックを受けた一人でございます。
 日ロ友好議員連盟の行事で一緒にモスクワへ御同道をしたこともございまして、日ごろから石井議員の社会正義、社会の公正公明な進め方につきまして大変御熱意を持って取り組んでおりますことに、かねてから敬意を持っていたものでございますが、このような事件が起こりますと、私ども、同じ道を歩む政治家として、大変これは厳しい状況がある、命をかけても行うべきことがあるんだということで、改めて私どもの覚悟を思い起こした次第でございますが、御指摘のとおり、とにかく、政治の仕事を進めるに当たって、このような危険が、危害が二度とあってはならないと、改めて思いを新たにしているところでございます。また、ともども、ひとつ考え、御相談をしながら、問題の再発防止に努めたい、かように思っております。

○保坂(展)委員 ですから、この石井議員の事件の真相究明ももちろん徹底してやっていただきたいし、また、事前に何かおかしな動きなどがあった場合には、しっかり安全を確保するということを法務大臣としてしっかりやっていただきたい。今後の問題も含めて、決意を伺いたいと思います。

○野沢国務大臣 御指摘のとおりと考えております。

〔衆議院会議録から引用終了〕
http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/000415720031003002.htm?OpenDocument


小泉政権誕生から第一次・安倍政権にかけての6年半は尋常じゃありませんでした。
不審死などが相次ぎました。
 長谷川浩 2001.10.15
 石井紘基 2002.10.25
 平田聡 2003.4.24
 野口英昭 2006.1.18
 鈴木啓一 2006.12.17
 石井誠 2007.4.25
 松岡利勝 2007.5.28
 そして、「りそな」で嵌められた植草一秀。
  「インサイダー」で必ずやり返すと宣言し、小泉・竹中が最も怖れる男。
 ★第一次安倍政権
住民基本台帳で違憲判決を出した竹中省吾裁判官が自殺
平田公認会計士 りそな銀行を監査中に自殺
鈴木啓一 朝日新聞記者 りそなの政治献金が10倍になっていることを記事にし東京湾に浮かぶ。自殺
石井誠 読売新聞政治部記者。郵政問題の記事を書く 事故死
斎賀孝治 朝日新聞デスク 耐震偽装問題を調べていて自殺
松岡農水相自殺
松岡事務所関係者自殺 熊本の自宅で首吊り
緑資源機構の山崎元理事が死亡
加賀美正人内閣参事官 練炭自殺

投稿者 hal : 2010年10月25日 05:20

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://c3plamo.slyip.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/2067