« 3号機のプルトニウムMOX燃料、どうなってる ~燃料の破片が数キロ飛んだ? | メイン | 不安定だった原因がわかった ~Windows Server »

2011年3月27日

人体実験始まる ~新手の食品添加物が認可 厚生労働省


  そうきましたか。

asahi110327.gif

放射性物質の基準「厳格さ求めすぎ」 民主・岡田幹事長

2011年3月27日19時25分

 民主党の岡田克也幹事長は27日、農産物の出荷停止や摂取制限の目安となる放射性物質の基準値について、「少し厳格さを求めすぎている」と述べ、風評被害を招かないためにも見直しが必要との認識を示した。青森県八戸市で記者団に語った。

 現在適用されている食品衛生法の基準値は暫定的な数値で、食品安全委員会が体内に取り込んでも健康に問題がない数値について議論している。岡田氏は「心配ないものは心配ないときちっと言えることが必要だ。科学的な厳格さを求めすぎれば風評被害になる」と指摘した。


で、早速、トンデモナイお達しが発せられました。

  シモジモはモリモリ食べて元気になろう
    発がん性チェックは俺たちが調べてやるから、心配すんな
  By 厚労省

ちゅうことか?

乳幼児には「ウランいり」「プルトニウムいり」がいいらしい・・ 放射性ヨウ素も!
ちなみに1Kgあたり100Bqベクレルというのは、原子炉等規制法に基づくクリアランス基準であり、放射性廃棄物を安全に再利用できる基準です。

妊産婦、乳幼児に放射性廃棄物を食べさせてはイケナイ!

別紙

                                        食安発0317第3号
                                        平成23年3月17日
    都道府県知事
各  保健所設置市長  殿
    特別区長
                             厚生労働省医薬食品局食品安全部長

           放射能汚染された食品の取り扱いについて

平成23年3月11日、東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に係る内閣総理大臣による原子力緊急事態宣言が発出されたところである。

このため、飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止し、もって国民の健康の保護を図ることを目的とする食品衛生法の観点から、当分の間、別添の原子力安全委員会により示された指標値を暫定規制値とし、これを上回る食品については、食品衛生法第6条第2号に当たるものとして食用に供されることがないよう販売その他について十分処置されたい。

なお、検査に当たっては、平成14年5月9日付け事務連絡「緊急時における食品の放射能測定マニュアルの送付について」を参照し、実施すること。

別添

◯ 飲食物摂取制限に関する指標

核種原子力施設等の防災対策に係る指針における
摂取制限に関する指標値(Bq/kg)
放射性ヨウ素
(混合核種の代表核種:131 I)
飲料水300
牛乳・乳製品 注)
野菜類
(根菜、芋類を除く)
2,000
放射性セシウム飲料水200
牛乳・乳製品
野菜類500
穀類
肉・卵・魚・その他
ウラン乳幼児用食品20
飲料水
牛乳・乳製品
野菜類100
穀類
肉・卵・魚・その他
プルトニウム及び超ウラン元素のアルファ核種
(238Pu,239Pu, 240Pu, 242Pu, 241Am, 42Cm, 243Cm, 244Cm 放射能濃度の合計)
乳幼児用食品1
飲料水
牛乳・乳製品
野菜類10
穀物
肉・卵・魚・その他

注)100 Bq/kgを超えるものは、乳児用調製粉乳及び直接飲用に供する乳に使用しないよう指導すること。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001558e-img/2r9852000001559v.pdf

※※ 重要
注)を読み変えれば、100 Bq/kg以下なら乳児用調製粉乳及び直接飲用に供する乳に使っても差し支えない、ことになる。

こういう(注)の書き方は、卑劣極まる。即刻、書き換えるように! (管理人)




投稿者 hal : 2011年3月27日 23:03

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://c3plamo.slyip.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/2235