« リンク先のご案内「大量の鼻血、下痢、倦怠感... こどもに体調異変 ~福島・郡山」 | メイン | なんの落ち度もない人々に残酷な選択を強いる ~原発大惨事 »

2011年6月16日

大量の鼻血、下痢、倦怠感... こどもに体調異変 ~福島・郡山

【 追記:本家・中日新聞が「特報」に載せた。この記事と同じ内容を 】追記記事
【 追記:スリーマイルでも鼻血 「chuoni_blog 中鬼」さんちから引用 】


  「 国も県も信用できない 」

yko1998のブログさんちから引用 --> こちら・・・ リンク切れ



【6/16東京新聞こちら特報部②-1】 子に体調異変じわり 大量の鼻血、下痢、倦怠感 「放射線と関係不明」 原発50キロ 福島・郡山は今
tokyo110616s.gif


原発50㌔福島・郡山は今 大量の鼻血、下痢、倦怠感...

「放射線と関係不明」

子に体調異変じわり

収束のきざしさえ見えない福島第一原発の事故。放射線汚染の範囲は拡大し、避難区域の外側でも、子どもの健康被害を不安視する声が目立ち始めた。しかし体調不良と放射線の関係には分からないことが多い。それだけえに親たちは疑心暗鬼で苦しむ。こどもを守るために今、できることとは (出田阿生)

 「上の子が一週間くらい毎日大量に鼻血が出続けていたので心配で...。
下の子も、時期は違うけれど、やはり一週間くらい鼻血が出て」。思い詰めた表情で母親(三九)が、医師に相談していた。
 NPO法人「チェルノブイリへのかけはし」が十二日、福島県郡山市で開いた医師による無料問診会。放射線被害を心配する親子連れ計五十組が参加した。同市は福島第一原発から約五十㌔。
 この親子の場合、震災後いったん埼玉県内に避難したが、三月下旬に郡山市に戻った。すると小学校一年の長女(六つ)が、四月上旬から三週間、鼻血が出続けた。このうち一週間は両方の鼻から大量に出血。耳鼻科で診察を受けたが、「花粉症では」と言われた。「花粉症なんて初めて言われたし、普段は滅多に鼻血を出さないんですけど...」と母親は言う。長男(二つ)も四月下旬から五月に鼻血を出し続けた。
 診察した小児科医の橋本百合香さんは「放射線被害かどうかは判断できないが、ひとまず小児科で血液検査をして白血球を詳しくみてもらって。記録を残すことが大事」と助言した。
 母親によると、小学校ではクラスの一割が避難していなくなった。次々と児童が転校するので、新入生には出席番号がつけられていない。放射性物質が濃縮されやすい牛乳を給食で出すかどうか、学校ごとに対応が異なる。「うちは保護者の選択制。娘が仲間外れにされたくないというので、今は飲ませてます」
 福島市から四カ月の長女咲空(さくら)ちゃんを連れてきた平中昭一さん(四十)は「症状は出ていないが、二十四時間不安で、外出を一切させていない。自衛といってもどうしたらいいのか」と苦悩の表情。生後、他人をほとんど見たことがないという咲空ちゃんは、記者が近づくとおびえた。
 問診会場近くの植え込みで、放射線測定器をかざすと、毎時二・三三マイクロシーベルトの値を示した。地面から離すと一マイクロシーベルト台に下がる。郡山市内の十二日の最大値は一・三八マイクロシーベルト。
東京都内で計測された同日の最大値が〇・〇六三五マイクロシーベルト。約二十二倍だ。
市内の最大値は三月十五日の八・二六マイクロシーベルトで、五月中旬からは一・三マイクロシーベルト前後で推移している。
 文部科学省では三・八マイクロシーベルトが計測された学校では屋外活動を制限するとしているが、一方で年間の積算線量の子どもの上限値を一㍉シートベルトから二〇㍉シートベルトとしている。これは毎時一・三マイクロシーベルトの場所で一年間暮らせば十分に到達してしまう値でもある。
 「医者や学者も言うことが違い、避難の基準が分からない。飯舘村は一カ月も放射能を浴びさせて、値が低くなってから避難させた。国も県も信用できない」。長男(六つ)を連れた母親(四〇)は、こう憤る。自宅は新築。避難して経済的にやっていけるのか、何年後に戻れるのか...。費用や子どもの心に与える影響を考えると踏み切れない。

 毎時線量(マイクロシーベルト)と年間積算線量(㍉シートベルト)
毎時1.3マイクロシーベルトの場合、これに8760時間(24時間×365日)をかけた1万1388マイクロシーベルトが年間積算線量。単位を直すと11.388ミリシートベルトとなる。「9をかけてマイクロをミリに直す」と覚えると簡単におおまかな年間積算量が分かる。

乳酸菌を培養してみる ~米のとぎ汁を仕込んでみた」から再掲

【 気になる話 】

医療関係者は回りに多いのだが耳鼻科はちょっと縁がないのでメモ。なにかのついでに聞いてみよう。

@tokaiama @makojpn 耳鼻科に勤める友人が、花粉症が落ち着いた4月始めころから「喉の痛み」「鼻血」「耳がこもる(震災&原発ストレス)」などの患者が急増、現在も病院も混んでいるとの事。耳鼻科は花粉症が終われば患者さんは半分ほどになるが、今年はおかしい、とのことです。 1:15 PM May 18th Tabtterから tokaiama宛 Retweeted by あなた and 67 others

 akitty aki

【 ◇愛媛新聞2011.5.21 】
暑さで鼻血を出す子が相次いでいる 暑さのためか、顔が真っ赤だった。学校の体力測定の結果にショックを受けた子も。20メートルの記録を図ったけど、体が動かない。前よりすごく遅くなっちゃった

クリック↓で原寸大
ehime110521s.gif



テレビが伝えないが・・・
   子供たちが鼻血を出している

福島第一原発事故 福島県民の不安と怒り 放射能から子供たちを守れ.FLV
左の小さな子は弟? うなづくあどけない仕草がカワイイ



【 低線量域での健康被害 】スリーマイル島原発事故でも報告されている。
chuoni_blog.gif
http://twitter.com/#!/chuoni_blog/status/72082266024722432
ヘレン・コルディコット医師の本「Nuclear Power Is Not The Answer」に、スリーマイル後に周辺住民に出た急性放射線障害の兆候に、めまい、嘔吐、下痢、鼻血、口の中に金属の味、脱毛、皮膚の赤い発疹と書いてあります。

中鬼chuoni_blog 中鬼さんちから引用 詳細はリンク先 ↓ をお読み下さい。
chuoni_blog110606.gif
5 鼻血、下痢、吐き気、赤い発疹などは大量被曝の症状
→ 事故発生後州知事から避難命令がでる以前に8km圏内の5%から6%の住民は自主避難をした。二日後の3月30日に当時のソーンバーグ知事 (Thornburgh) は8km圏内にいる子どもと妊婦に避難命令を出し、約14万人の人達が避難をした。
→  事故の1週間後にカルディコット医師はペンシルバニアのハリスバーグ(スリーマイル原発から一番近い都市)に行き、避難してきた人達に講演をしたりや質問を受けたりしていた。そこで、避難してきた人達がみせていた体調の状態は、チェルノブイリ事故10年後にプリペットという町の住民が訴えていた症状ととてもよく似ていた。これらの症状は、めまい、嘔吐、下痢、鼻血、口の中に金属の味、脱毛、皮膚の赤い発疹で、これは典型的な急性放射線障害の兆候である。
※大鬼注:こうした症状がみられた方は病院に行きカルテに記録を保存しておくことをお勧めします。
6 隠ぺいされた臨床事実
→  当時のペンシルバニア州の衛生局長であったゴードン・マクレウド医師(Dr. Gordon McLeod)は、事故前の9ヶ月間に甲状腺機能低下が認められて生まれきた赤ちゃんは9人だったのが、事故の9ヶ月後にはそれが20人になっていたという事実をつきとめた。このデータをもとにスリーマイル事故との因果関係を示す研究が求められたが、それは行われず、このゴードン・マクレウド医師は着任から6ヶ月あまりでクビにされた。

11 数千キロ離れた低濃度汚染地域でも被害は多発している
→ カルディコット医師は小児科医として癌や特殊な病気を専門にしてきたが、以前は小児甲状腺癌を取り扱ったことは一度もなかった。それほど小児甲状腺癌は確率の少ない稀な病気である。
→ ベラルーシでは1986年から2001年までに8,358の甲状腺癌のケースが報告されている。その内、716人が児童、342人が青年、そして7,300人が大人であった。これは医療的緊急事態である。
→ 2001年にユニセフが要約したチェルノブイリ事故の報告書がある。汚染されたベラルーシ、ロシア、ウクライナの一部ではそこの住民の平均寿命が、最も貧困な国の一つであるスリランカよりも10年も低くなっている。更に、循環器疾患も癌に続く死因の一つになっている。
→  2004年に初めて、ベラルーシ、ロシア、ウクライナ以外の地域でのチェルノブイリ事故と癌の因果関係を示す研究が発表された。そこにはチェルノブイリ事故が原因とされる癌の発症例は事故発生から1996年までの10年の間にスウェーデン内で849人確認されているということである。チェルノブイリからスウェーデンの距離と、癌発生には子どもでは最低で5年、大人では最低10年かかるという事を考慮すると、少ないとは言えない数値である。
→ フランスでも被曝による甲状腺癌の発病だとされるケースが認められ始めている。


【 大人でも鼻血 消防団員が内部被曝 】
tadagonpapa110611.gif

昨日は原発付近で働いていた消防団の方のお話を聞きました。水素爆発の時に体にその風圧を感じたそうです。すべてのものは破棄しても消防団の服は捨てられなかったそうです。体内被曝は確実で、最近は鼻血が頻繁に出るとのこと。津波の対応で働く人間にさえ、国は知っていながら情報を提示しなかった。
約3時間前 webから
Retweeted by 95 people

tadagonpapa
たまちゃん

【再掲】 --> なんでも隠蔽、ここに極めり ~こどもたちを守ろうとしない政権はイラナイ
いわば世界の共通認識みたくなっているICRP国際放射線防護委員会だって、100 mSv 以下の低線量被曝の人体実験データをもっているわけではない。彼らが主に根拠としているのはあくまでも広島・長崎の100 mSv 以上の高線量被曝データ。
諸説あるこの100 mSv 以下の低線量被曝が及ぼす健康被害は実験データがない以上、本当のところはだれにも分かってない。なのに渡りに船とばかりに ICRP が出した勧告をニッポン政府が思慮もなく取り入れている。

中日新聞2011年4月22日
諸説ある低線量放射線の健康被害への影響

chuniti110422_2.gif100 mSv 以下のピンクの領域

ここの領域は人体実験データがないので、だれもよくわかってない。
それぞれがモデルを拵えて、説明しているに過ぎない。

諸説ある低線量放射線の健康被害への影響

 ● バイスタンダー効果
 ● 直線説  ・・・これがもっともスンナリ説明できそうなのだが
 ● しきい値説
 ● ホルミシス説

【 中日新聞が「特報」に載せた 】
本家・中日新聞が「特報」には載せないことも多く、この記事の扱いをどうするかのかと気を揉んでいたが・・。ヤレヤレと安堵している。これで周知がより確かになるだろうと期待されるからである。中日グループ(東京新聞も含め)300万超。
   ◇ (中日新聞)子どもの鼻血 ~普段と明らかに違う体調異変があって連れてきている --> こちら新着記事

■ FC2ブログへのバックアップ 避難先

■ FC2ブログへのバックアップ → 大量の鼻血、下痢、倦怠感... こどもに体調異変 ~福島・郡山
backupSite.gif


投稿者 hal : 2011年6月16日 06:08

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://c3plamo.slyip.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/2344