« 邪悪なものたち ~福島原発で実態が鮮明になった 国、東電、御用学者ら | メイン | TPP はトロイの木馬、日本の国力劣化を齎す毒薬? »

2011年10月29日

動機もあったし、高度な技術でもなかった ~高知白バイ事件


朝日新聞2011.10.29

服役後の運転手 再審請求

 白バイ衝突死 スリップ痕「加工」主張

 高知市の国道で2006年、スクールバスと高知県警の白バイが櫛突する事故があり、隊員が死亡した。パスの運転手の男性(57)は業務上過失致死罪で実刑判決を受けたが、服役後の昨年10月に「過失はなかった」と訴えて再審請求。有罪の根拠となった現場写真をめぐる鑑定結果を「新証拠」として出しており、高知地裁の判断が注目される。

最高裁判決では有罪根拠

 事故は06年3月3日午後2時半ごろ、高知市春野町(旧春野町)の国道56号で起きた。直進中の県警交通機動隊の白バイが、国道脇のレストラン駐車場から出てきて右折しようとしたスクールバスの右側面前方に衝突し、男性巡査長(当時26)が死亡した。
 高知地検は06年12月にパス運転手の男性を業務上過失致死罪で在宅起訴し、公判では「白バイが時速約60㌔で直進中、パスが時速5~10㌔で道路に出てきた」と指摘。男性が白バイと衝突後に急ブレーキをかけたことを示すパスのスリップ痕があると主張し、135枚の現場写真を証拠として提出した。
 
男性は「パスは道路央付近に停車中で、白バイが時速約100㌔で衝突してきた。スリップ痕は県警が捏造した」として無罪を主張したが、07年8月の高知地裁判決は「男性の安全確認が十分でなかった」として過失を認定。スリップ痕についても「現場には多くの見物人がおり、捏造の可能性はほとんどない」として禁錮1年4カ月(求刑禁錮1年8ヶ月)を言い渡した。高松高裁と最高裁も男性の主張を退けて判決が確定し、男性は昨年2月まで服探した。

 弁護団は地裁への再審請求後、確定判決が有罪の根拠としながらも科学的な鑑定をしていなかった現場写真のネガ6本の開示を検察側に求めた。ネガは裁判官の立ち会いのもとで高性能スキャナーでデジタル画像化され、弁護団は色彩画像処理を専門とする警察庁科学警察研究所顧問の三宅洋一氏(千葉大名誉教授)に解析を依頼した。
 三宅氏がまとめた報告書によると、白バイと衝突後に男性が急ブレーキをかけた状況を示していると確定判決が判断したスリップ痕の画像について、「警察官が同じ位置から同じ方向を連続捜影したのに各コマの色彩分布が異なっている」と分析。スリップ痕を強調するためコントラスト(明暗の差)を加工した疑いがあると指摘している。
 天地が逆転した画像も複数枚確認されたといい、三宅氏は「現場で撮った写真をパソコンなどでデジタル化した上で印刷し、その後接写したために逆転した可餞性がある」と指摘。ネガ本体と現場撮影に使われたカメラの詳しい調査が必要としている。
弁護団の生田暉雄団長は「有罪の根拠となった写真に手が加えられた可能性を示す結果で、再審開始に必要な新証拠といえる」と話す。弁護団は三宅氏の報告書をすでに地裁に提出。
来年2月までに弁護団としての最終的な意見をまとめる。その後、地裁は裁判をやり直すかどうか判断するとみられる。
 弁護団が新証拠とみる鑑定結果について、県警幹部は朝日新聞の取材に「県警内での高度な画像加工は困難だ」「現場写真に手を加える動機がない」と説明している。(日髙奈緒)




投稿者 hal : 2011年10月29日 16:21

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://c3plamo.slyip.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/2527