« 小沢一郎がズバッと指摘 ~天皇制と首相公選制は論理が矛盾する | メイン | 辺野古に拘ってるのはニッポン、官僚のメンツ ~上院軍事委は嘉手納統合 »

2012年3月 1日

Android、Google Chrome は捨てる ~日本語入力も捨てたいが・・・

【 追記:どこの国の法律、規制、法的手続・・かを明かしてない 】追記記事


Google Chrome を削除っ!
と、先のエントリーで指摘しました。 

   ■ SRWare Iron なら抜かれない ~Google Chrome 個人情報抜かれる --> こちら

Google については機会あるごとにその危険性について取り上げてきました。直近では、
   ■ スマフォのアンドロイド Android  ~なにやってるか探ってみる --> こちら
昨年から餌を撒いてGoogle が何をどのように調べているかを調べてきました。いろいろわかってきました。その結果から言えることです。

で、きょうが、その3月1日。プライバシー・ポリシー変更。

ぐーぐるが、いよいよ、本腰を入れてきました。
たとえGoogle のユーザーであったとしても、「好きにしてぇ」とGoogle に全てを投げ出すわけにはいきません。
なので、もっとも危険なものから捨てていこうということになります。
それで利便性が犠牲にはなりますが、仕方ありません。
プライバシー、セキュリティ確保が最優先になりますから、しょうがありません。

グーグルのプライバシーポリシー変更は大問題
クリック ↓ でYoutubeを開く
privacyPolicies120301.jpg

詳しくは『カレイドスコープ』さんちの「3月1日、あなたが丸裸にされる前にグーグル設定変更を」をお読みください。 --> こちら



【 ここが最大の問題 その気になれば、なんでもできてしまうということ!! 】
http://www.google.com/intl/ja/policies/privacy/ から重要な箇所を抜粋
どこの国の「法律、規制、法的手続または強制執行可能な行政機関の要請」かを明かしてない!
プライバシー ポリシー

最終更新日: 2012年3月1日 (旧版を表示する)
Google が収集する情報
Google は、すべてのユーザーによりよいサービスを提供するために情報を収集しています。その内容は、お客様の使用言語などの基本的情報から、お客様にとって最も役に立つ広告やオンラインで最も重要視している人物などの複雑な情報まで、多岐にわたります。
情報の収集は以下の 2 種類の方法で行います:
  • お客様からご提供いただく情報
    たとえば、多くの Google サービスでは、Google アカウントのご登録が必要です。ご登録に際して、氏名、メール アドレス、電話番号、クレジットカードなどの個人情報の提供をお願いしています。Google が提供する共有機能をすべてご活用いただく場合は、公開される Google プロフィールを作成していただくようお願いすることもあります。これには、名前や写真などを掲載することができます。

    サービスのご利用時に Google が収集する情報
    Google は、ご利用のサービスやそのご利用方法に関する情報を収集することがあります。たとえば、Google の広告サービスを使用しているウェブサイトにアクセスされた場合や、Google の広告やコンテンツを表示または操作された場合です。これには以下の情報が含まれます:

    • 端末情報
      Google は、端末固有の情報(たとえば、ハードウェア モデル、オペレーティング システムのバージョン、端末固有の ID、電話番号などのモバイル ネットワーク情報)を収集することがあります。Google では、お客様の端末の ID や電話番号をお客様の Google アカウントと関連付けることがあります。
    • ログ情報
      お客様が Google サービスをご利用になる際または Google が提供するコンテンツを表示される際に、サーバー ログ内の特定の情報が自動的に収集および保存されます。これには以下の情報が含まれることがあります:
      • お客様による Google サービスの使用状況の詳細(検索キーワードなど)
      • 電話のログ情報(お客様の電話番号、通話の相手方の電話番号、転送先の電話番号、通話の日時、通話時間、SMS ルーティング情報、通話の種類など
      • インターネット プロトコル アドレス
      • 端末のイベント情報(クラッシュ、システム アクティビティ、ハードウェアの設定、ブラウザの種類、ブラウザの言語、お客様によるリクエストの日時、参照 URL など

      • お客様のブラウザまたはお客様の Google アカウントを特定できる Cookie

    • 現在地情報
      現在地情報を有効にした Google サービスをお客様がご利用になる場合、Google は、お客様の現在地に関する情報(携帯端末から送信される GPS 信号など)を収集して処理することがあります。Google は、たとえば、お客様の端末のセンサー データから提供される近くの Wi-Fi アクセス ポイントや基地局に関する情報など、他にもさまざまな技術を使用して現在地を判定することがあります。
    • 固有のアプリケーション番号
      サービスによっては、固有のアプリケーション番号が割り当てられています。この番号とお客様のインストール情報(オペレーティング システムの種類、アプリケーションのバージョン番号など)は、お客様が当該サービスをインストールまたはアンインストールする際に Google に送信されることがあります。また、当該サービスが Google のサーバーに定期的にアクセスする際(自動更新の際など)にも送信されることがあります。
    • ローカル ストレージ
      Google は、ブラウザ ウェブ ストレージ(HTML 5 など)やアプリケーション データのキャッシュのようなメカニズムを使用して、収集した情報(個人情報を含む)をお客様の端末にローカルに保存することがあります。
    • ookie と匿名 ID
      お客様が Google サービスにアクセスされると、Google はさまざまな技術を使用して、情報を収集して保存します。その際、Google からお客様の端末に一つまたは複数の Cookie や匿名 ID を送信することもあります。広告サービスや他のサイトに表示される Google 機能のように、Google がパートナーに提供しているサービスの利用の際に、Google が Cookie や匿名 ID を使用することもあります。

法律上の理由の場合

Google は、個人情報に対するアクセス、利用、保存、または開示が以下の理由で合理的に必要だと誠意を持って判断した場合、その情報を Google 以外の企業、組織、または個人と共有します:

  • 該当する法律、規制、法的手続または強制執行可能な行政機関の要請に応じるため。
  • 違反の可能性の調査など、適用のある利用規約を実施するため。
  • 不正行為、セキュリティや技術上の問題について検出、阻止またはその他の対処を行うため。
  • 法律上必要なまたは許容される範囲で、Google、Google ユーザー、または公衆の権利、財産または安全に対する危害から保護するため。

これまでは以下のそれぞれのサービス毎に情報が留まっていたので辛うじて救われてましたが、
3月1日でこれら全てのサービスから得られる個人情報の全てが、
個人一人毎に一元的に統合され、関連付けられます。
Google が特定の個人情報を分析し、一人ひとりを掌握する。
そして人物像を炙り出す。

Google に白紙委任状をだせば、それがなに使われるかはGoogle しだい・・・・
実質、成されるがままになる。
相当にヤバイですよ。



Googleサービス一覧

GoogleServiceList_s.gifGoogleServiceList.gif


Google サービス一覧1 ■ Google 検索
2 ■ Google ブログ検索
3 ■ Google ブック検索
4 ■ Google Scholar
5 ■ GMail
6 ■ Google トーク
7 ■ YouTube
8 ■ Google ビデオ
9 ■ Picasa
10 ■ Picasa ウェブ アルバム
11 ■ Blogger
12 ■ Orkut(オーカット)
13 ■ iGoogle(アイグーグル)
14 ■ Google マップ
15 ■ Google マップの乗り換え案内(Google トランジット)
16 ■ Google Earth
17 ■ Google ドキュメント
18 ■ Google Chrome
19 ■ Google ニュース
20 ■ Google リーダー
21 ■ Google ブックマーク
22 ■ Google カレンダー
23 ■ Google アラート
24 ■ Google SketchUp
25 ■ Google Moon(ムーン) 
26 ■ Google Mars(マーズ) 
27 ■ Google Sky(スカイ)
28 ■ Google ツールバー
29 ■ Google ウェブ履歴
30 ■ Google AdWords(アドワーズ)
31 ■ Google AdSense(アドセンス)
32 ■ Google ウェブマスターツール
33 ■ Google Analytics(アナリティクス)
34 ■ Google Trends(トレンド)
35 ■ Google サイト
36 ■ Google Labs(ラボ)
37 ■ Google モバイル
38 ■ Google 日本語入力

読売新聞2011年11月28日14時31分

スマホ、アプリで勝手に位置情報収集...米に送信

読売新聞 YOMIURI ONLINE
2011年11月28日14時31分
 高機能携帯電話スマートフォン(スマホ)に入れると、その端末内の電話帳や位置情報などを収集するアプリが横行している。
 延べ150万人が使うアプリで収集された位置情報が米国の広告会社に送信され、広告に利用されているケースも確認された。インストール前に、収集内容を示す画面が現れるが、専門家は「きちんと理解している利用者は少ないのでは」と指摘する。スマホの普及が急速に進む中、スマホ用の情報収集の指針がないことも問題を深刻化しているといえそうだ。
 KDDI研究所(埼玉県ふじみ野市)が読売新聞の依頼で解析したところ、先月末に無料でインターネット上に公開されたゲームアプリの場合、全地球測位システム(GPS)で測定されたスマホの位置情報を1分間に1回、米国の広告会社に送信する仕組みになっていた。数メートルの誤差で位置を特定できるため、情報を蓄積すれば、自宅や勤務先の住所なども推測可能だ。
 アプリをインストールする際、画面上に「許可するアクセス権限 位置情報」と表示され、位置情報の読み取りについて同意が求められるが、その目的や、外部に送信することは触れられていない。アプリは端末の操作で楽しむ金魚すくいゲームで、ゲームに位置情報は必要ない。
 制作したアプリ開発会社によると、同様に位置情報を米国の広告会社に送信するアプリを昨年11月以降、238種類出しており、延べ計150万人がインストールしたという。収集した位置情報は、アプリ利用者の所在地と関連性の高い広告を表示するために利用されていた。
 開発会社の社長(38)は「アプリ制作の際、広告配信の契約をした米国の広告会社から送られてきたプログラムを、中身を確認しないまま組み込んでいた。位置情報が送信されているとは知らなかった」と説明。25日に全アプリの公開を中止した。
 米国の広告会社は「より便利な広告のため位置情報を集めている。情報は匿名化しており、問題ない」と主張している。
 この開発会社のように、広告会社からアプリの画面上に広告を出すプログラムが提供される場合、その中に「情報収集モジュール」と呼ばれる情報読み取りの機能を持つプログラムが入っているケースは多いとみられる。
 KDDI研究所が今年8月、国内外の980のアプリを調べたところ、27%のアプリに位置情報を読み取る機能が見つかった。電話帳の中身を読み取る機能をもつアプリは11%、端末IDや電話番号を取得するものは58%にも上っていた。同研究所の竹森敬祐研究主査は「スマホのウイルス感染が問題になっているが、正規のアプリでも、ウイルス感染と似たような情報流出を引き起こしかねない事態。収集された情報がどう使われているか利用者にはわからない」と指摘する。
 総務省は昨年5月、IT機器によるプライバシー情報の収集について、その目的や取得者を明示するよう指針をまとめており、同省は、今回のアプリについて「原則を逸脱している可能性がある」と指摘するが、外国の広告会社ということもあって有効な対策は打ち出せていない。同省は10月にはスマホのセキュリティーに関する研究会を発足させたが、ウイルス対策が中心で、正規のアプリの情報収集について本格的な検討は始まっていない。
(2011年11月28日14時31分 読売新聞)

■ FC2ブログへバックアップしています。 
Android、Google Chrome は捨てる ~日本語入力も捨てたいが・・・
backupSite.gif



投稿者 hal : 2012年3月 1日 22:03

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://c3plamo.slyip.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/2714