« 無茶しよる・・・ ~5人目の誤認逮捕? 今回は自白に失敗したが強要が常態化 | メイン | 再審請求について記者会見(2月28日予定) ~高知白バイ事件 »

2013年2月28日

『何でも質問して構わない』 ~裁判官は動揺し、検察は沈黙

【 追記:「 事件と全く関係ない 」 】追記記事

 デッチ上げ捜査

これは、ニッポン固有の警察・検察が好き勝手にやって来た捜査手法。
伝統的お家芸である。

法律改正してこれを刑事罰付きで禁止、
それと諸悪の根源になっている最良証拠主義を廃止、
極めつきは、三者が無意識のうちに結託する連携プレイシステム
これさえ破壊すれば冤罪事件は間違いなく大幅に減る。
それも欧米並みの有罪率に落ち着くのは自明だろう・・・。


こんどのPC遠隔操作事件、「ぷ~ん」と臭った。
案の定、その通りの展開になってきた。
高知白バイ事件が初めてではないが冤罪謀略事件を調べていてわかったことは、これら臭い事件ではいろんなものを発する。
その一つが、・・・
警察や検察が「捏造やでっちあげ」をするときは、
テレビ・新聞がバカ踊りするから、これほどわかりやすいことはない。
警察・検察が「事件を作りたい」とき、「事実をねじ曲げようとするとき」は、決まって餌を撒く。
それに記者クラブのテレビ新聞が飛びつき、バカ踊りをする。
「はなぁ~ん、裏があるな」とわかる。

この事件も、その典型だった。
最初のツイートがこれ。


お得意の「自白強要」を仕掛けることすらできず、失敗。
それに焦った警察が、あろうことか母親を騙して警察がでっちあげた供述調書にサインさせようとしたが見破られ、これも失敗。

足利事件のでっちあげ捜査を暴いた辣腕・佐藤博史弁護士にびびっている警察・検察そして裁判所。
そこいらの検察や裁判官じゃ相手にならないことは明らかだ。

遠隔操作ウィルス事件・片山祐輔容疑者弁護人 佐藤博史弁護士会見
クリック ↓ でYoutubeを開く  佐藤博史弁護士が猫の写真を探しています

satoHirosiBengosi130221_s.jpg
satoHirosiBengosi130221.jpg

遠隔操作ウィルス事件・片山祐輔容疑者弁護人 佐藤博史弁護士会見 20130221.FLV

[PC遠隔操作裁判] 弁護側の"奇襲"に検察はどう出る!? (日刊ゲンダイ)

asyura130226_s.gifasyura130226.gif


TBS130226遠隔操作事件、片山容疑者が法廷で潔白主張.FLV
[PC遠隔操作裁判] 弁護側の"奇襲"に検察はどう出る!? (日刊ゲンダイ)

 
http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/464.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 2 月 26 日 22:01:01: igsppGRN/E9PQ

http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-8152.html
2013/2/26 日刊ゲンダイ :「日々担々」資料ブログ

こりゃ、やっぱり無罪だゾ

◆明らかになってきた「デッチ上げ捜査」

PC遠隔操作事件で、威力業務妨害容疑で逮捕された片山祐輔容疑者(30)がきょう(26日)午後1時半から、東京地裁の法廷に立つ。弁護側が請求した勾留理由開示公判で、片山本人も「無実」を訴える予定だ。

勾留理由開示公判は、容疑者が勾留理由の説明を裁判所に求めるものだが、片山の弁護人を務める佐藤博史弁護士(64)らは今回、異例の"奇襲作戦"に出た。裁判官や検察官に被疑者への本人質問を求めたのである。

「通常の刑事裁判では、公判前整理手続きを行い、あらかじめ争点をハッキリさせます。弁護側にとっては検察側の質問内容がある程度予想できるために反証の準備がしやすい。ところが今度の裁判で弁護側が求めたのは『何でも質問して構わない』というもの。検察側から法廷でどんな質問が飛び出すのか分からず、容疑者にとって極めて不利なことを今回の勾留理由開示公判でわざわざ求めたのです」(司法ジャーナリスト)

弁護側が「どんな質問もOK」と強気の姿勢なのは、「無実」に絶対的な自信を持っているからだ。片山は10日に逮捕されてから2週間以上にわたって警察の留置場に勾留されているが、弁護側が取り調べの可視化を申し入れた後の19日以降は取り調べナシの状況が続いている。黙秘しているワケではない。「録音・録画すれば応じる」と言っているにもかかわらず、警察・検察が逃げ回っているだけだ。それでも警察は「証拠はある」なんて強がっているが、ウラでは捜査員が勝手に「親子の縁を切る」と書いた調書のサインを片山の母親に迫っていた。こうなると「サイバー捜査」でも何でもない。「ウソの供述調書」をチラつかせて容疑者に自白を強要する得意の「デッチ上げ捜査」である。この事件では誤認逮捕された大学生が自白調書を捏造(ねつぞう)されていたことが問題になったが、警察は全く反省していない。検察だって、こんな状況で一体どうやって起訴・不起訴の判断ができるのか。

佐藤弁護士がこう言う。

「片山さんは黙秘権も使わず、『何でも答える』と言っている。検察もここが勝負でしょう。法廷で質問するべきです」

弁護側がこれだけ「お膳立て」しているのだ。検察は立件に自信があるなら、検事が正々堂々と法廷に出てきて、本人に何でも聞けばいい。
       ◇
遠隔操作事件、片山容疑者が法廷で潔白主張 :TBS

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5267202.html

 パソコンの遠隔操作事件で逮捕、勾留されている男に対し、裁判官が勾留の理由を説明する手続きが東京地裁の法廷で行われました。出廷した男は「寝耳に水。私は一切、関係ありません」と自らの潔白を主張しました。

 「私は、遠隔操作の犯人ではありません」(片山祐輔容疑者)

 黒のトレーナーにベージュのズボン姿。逮捕以来、初めてとなる公の場で男は「無実」を主張しました。

 パソコンを遠隔操作して「殺人予告」をインターネット掲示板に書き込んだとして、今月、威力業務妨害の疑いで警視庁に逮捕された片山祐輔容疑者(30)。26日の法廷は、片山容疑者が「自らを勾留する理由の説明」を求めて開かれたものです。

 冒頭、裁判官が「逃亡と証拠隠滅のおそれがある」と勾留の理由を述べると、片山容疑者はポケットから手書きの紙を取り出し、自らの主張を一気に読み上げました。

 「突然、家宅捜索され寝耳に水のことでした。私は一切関係ありません。他の誤認逮捕された人と同じです。1日も早く自由にしてください」(片山容疑者)

 「江の島に行ったんですか?」(弁護人)
 「野良猫がいたので写真撮影をした可能性はあるが、首輪はつけてない」(片山容疑者)

 「犯行に関連するものが発見されることは?」(弁護人)
 「されるはずがない」(片山容疑者)

 片山容疑者は傍聴席を何度も見るなど落ち着きのない様子でしたが、終了後は弁護人にこんな感想を漏らしたといいます。

 「 『言うべきことは言えたと思います』と言っていました。『もしかしたらあす釈放になりますね』と」(片山容疑者の弁護人・佐藤博史弁護士)

 片山容疑者の弁護人は、裁判所に対し27日にも片山容疑者の「勾留取り消し」=釈放を求めることにしています。(26日16:38)




「事件と全く関係ない」
PC遠隔操作事件 逮捕の男、勾留理由の開示求めた法廷で無罪主張
FNN2013/02/26 15:07
クリック ↓ でYoutubeを開く  PC遠隔操作事件 逮捕の男、勾留理由の開示求めた法廷で無罪主張

FNN130225_s.jpg
FNN130225.jpg


PC遠隔操作事件 逮捕の男、勾留理由の開示求めた法廷で無罪主張

パソコンの遠隔操作事件で、逮捕された男が勾留理由の開示を求めた法廷が、東京地方裁判所で開かれ、男は「わたしは事件とは全く関係ありません。1日も早く自由にしてください」などと、無罪を主張した。
片山祐輔容疑者(30)は2012年8月、愛知県の会社のパソコンを遠隔操作して、インターネットの掲示板にイベントを妨害する内容を書き込んだ、威力業務妨害の疑いで逮捕された。
弁護側は、「片山容疑者が犯人だという決定的証拠がない。取り調べの録音・録画を要求したが、警察は応じない」として、東京地裁に、勾留されている理由を法廷で開示するよう求めていた。
26日に開かれた法廷で、裁判長は「釈放したら、証拠を隠したり逃亡すると疑われる理由がある」などと、勾留が必要である理由を述べた。
一方、片山容疑者は「逮捕は寝耳に水でした。わたしは事件と全く関係がありません。遠隔操作事件で誤認逮捕された4人と一緒です。1日も早く自由にしてください」などとメモを読み上げ、無罪を主張した。(02/26 15:07)

・・・ 岩田澄江裁判官 パソコン遠隔操作事件 勾留理由開示 傍聴所見・・・
クリック ↓ でYoutubeを開く パソコン遠隔操作事件 勾留理由開示 傍聴所見 岩田澄江裁判官
saibankan.jpg

ソース NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130226/t10015790781000.html
画像 東京地裁の様子

東京地裁 岩田澄江裁判官(勾留理由 明らかにする手続き)"罪を犯したこと疑う理由ある 証拠隠滅 逃亡のおそれあり 勾留の理由ある"
iwataSumie.jpg
パソコン遠隔操作事件 勾留理由開示 傍聴所見

 ■ 日本報道検証機構が正面切って出てきた ~PC遠隔操作事件 --> こちら
 ■ 不思議なことにパズルメールが届き 真犯人らしき人物の動きが出て来た --> こちら
 ■ 仕込んできたな・・・ ~PC遠隔操作、事件の原点は「江の島」だ --> こちら
 ■ 検察がスイッチ入れた ~目的の為なら手段を選ばない --> こちら
 ■ 間が抜けていた・・・ ~派遣先には Visual Studio が無かった --> こちら
 ■ 首輪を付けた人物、誰だったんだ? ~逮捕したのに調べもしない警察 --> こちら
 ■ 残された道は多くない ~仕込みに手を染めたら終わりだが・・ --> こちら
 ■ 組織として、終わっている。 ~PC遠隔操作事件 --> こちら
 ■ ヒラメ裁判官ばかりの悲劇 ~有罪判事が再生産され、被害者が増える一方 --> こちら
 ■ 無茶しよる・・・ ~誤認逮捕の失態、ごまかせないですが。 --> こちら
 ■ 『何でも質問して構わない』 ~裁判官は動揺し、検察は沈黙 --> こちら
 ■ 無茶しよる・・・ ~5人目の誤認逮捕? 今回は自白に失敗したが強要が常態化 --> こちら
 ■ 誤認逮捕の教訓は活きているか  ~遠隔操作ウィルス事件 --> こちら
 ■ 猫の写真探しています ~2013年1月3日午後、江ノ島 --> こちら
 ■ 動かぬ証拠で逮捕したんじゃないの? ~5人目の誤認逮捕劇か --> こちら
 ■ リーク報道で世論誘導・・・? ~発信元の特定、大丈夫か --> こちら


■ FC2ブログへバックアップしています。 
『何でも質問して構わない』 ~裁判官は動揺し、検察は沈黙
backupSite.gif



投稿者 hal : 2013年2月28日 05:44

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://c3plamo.slyip.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/3235