« 国家ぐるみでサイバー攻撃 ~NSA、ハッキングやりたい放題 | メイン | LPの音をうまく拾っている ~DAWN 八神純子 »

2013年6月16日

「聴衆の中に左翼の人達が」「左翼のクソ」「シャラップ」 ~劣化著しい権力中枢


あまりのお粗末にコメントもありませんが、
代わりにジャーナリスト・神保哲生氏と社会学者・宮台真司氏が語っています。

両論に気を遣いすぎて、「ぬぬっ!?」と思うところもあったり、
911の理解に「??」だったりすることもあるが
問題点を大きな観点から整理するには有意義なビデオだと思います。
1:13:04と長いので、忙しい人には敷居が高いかもしれません。

「左翼のクソ」に「シャラップ」 日本で要人の失言が相次ぐわけ

videonews130614_s.gifvideonews130614.gif

videonews「左翼のクソ」に「シャラップ」130614 .wmv
無料放送中>>> ウィンドウズ・メディアプレーヤーはこちら iPhoneはこちら


ニュース・コメンタリー (2013年06月15日)

「左翼のクソ」に「シャラップ」
日本で要人の失言が相次ぐわけ


ニュース・コメンタリー (2013年06月15日)

 数週間前に橋下徹大阪市長の従軍慰安婦発言が波紋を広げたことは記憶に新しいが、今週もまた政府要人の失言が相次いだ。しかも、今回のその内容は、少々次元が違う。次元が低いのだ。
 まずは安倍首相。渋谷で都議選の応援演説を行った安倍首相は9日、自身のフェイスブックとツイッターに「聴衆の中に左翼の人達が入って来ていて、マイクと太鼓で憎しみ込めて(笑)がなって一生懸命演説妨害してましたが、かえってみんなファイトが湧いて盛り上がりました」などと投稿した。首相の隣で演説をしていた団体は左翼団体ではなく、TPP交渉参加に反対する市民団体だったと言われている。
 首相はその書き込みを一旦は削除したが、既にそれがリツイートなどで広がっていることを知ったためか、再びそれをあげなおしたという。
 続いて、復興庁の水野靖久参事官が、福島県の被曝対策に取り組む市民団体の集会に出席後、「左翼のクソどもから、ひたすら罵声を浴びせられる集会に出席。感じるのは、相手の知性の欠如に対する哀れみのみ」と匿名のアカウントでツイッターに投稿していることが明らかになり、13日、復興庁は水野氏を被災者支援担当から外す処分を行った。
 そして極めつけは、先月22日にジュネーブで開かれた国連の拷問禁止委員会でのこと。日本が行っている死刑や被疑者の長期勾留などにアフリカ・モーリシャスの委員から、「日本は中世か」と問われたことに対し、外務省から派遣されている上田秀明人権人道大使が「shut up!(黙れ!)日本は人権先進国の一つだ。」と発言していたことが明らかになった。
 失言にもいろいろあろうが、今週はTPPに反対していたり被曝に取り組む市民を「左翼のクソ」呼ばわりしたかと思うと、日本の前時代的な刑事司法制度を笑われて「シャラップ」と言い放つ始末である。
 なぜ要人の失言が後を絶たないのか。そしてまた、なぜ失言の中身がこうも低次元なのか。ジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司が議論した。




投稿者 hal : 2013年6月16日 15:24

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://c3plamo.slyip.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/3396