« 信用されてない政府、際限なく拡大解釈の怖れ ~秘密保護法案 ②特定秘密 | メイン | 騙される方が悪いのが政治だが・・ ~嘘つきな安倍さんも許されんだろう »

2013年10月 7日

Mozilla Thunderbird に乗り換え ~Windows Live メールから

一時期、Thunderbird の開発が終わったかのような話があって躊躇っていたのですが
引き続き開発していると知り、これに乗り換えることにしました。
きょう時点の最新バージョン24.0、ドンドン更新されています。

Windows Live は洗練さスマートさに欠け、続けて使う気にはならなかったので
代わりのメーラーを探していたところでした。
そこに、 Thunderbird の情報がありました。

すぐにインストし、使い始めています。
長年つかってきたSpamdump も、「ごくろんさん」とお引き取り願いました。
あとは時間を見つけてWindows Live のデータを移動するだけです。
これが結構手間なんですが。
長年、気になっていたあのゴチャゴチャが整理されて、
スッキリすると期待しています。


設定値 (Ver.17.0.8 時点)

ThunderbirdSetting_s.giffThunderbirdSetting.gif


Thunderbirds設定2.png

受信サーバーPOP3 usermx.pep.ne.jp ポート番号 110 SSL STARTTLS 認証方式 暗号化されたパスワード認証
送信サーバー SMTP smtp.pep.ne.jp  ポート番号 587 SSL 接続の保護無し 認証方式 暗号化されたパスワード認証
ユーザ名 ******/usermx.pep.ne.jp
受信・・・SSL/TLS では接続できない。STARTTLSとする他ない。
送信・・・・自動検出や、STARTTLS、SSL/TLS では接続できない。接続の保護なしとする他ない。

「SSLで暗号化通信ができないよ」というワーニングです。
他にも、設定で無効にされていたり、期限が切れている場合にも警告がでるようになっています。

残念ながら、Infopepper のメールサーバーはそれには対応しておらずSSL通信できないので「セキュリティ例外を承認」をクリックして逃げるほかありません。
セキュリティ例外の追加

Thunderbird_securityEception_s.gifThunderbird_securityEception.gif

セキュリティ例外の追加

例外に信頼する証明書としてこのサイトの証明書を登録しようとしています。
本物の銀行、通信販売、その他の公開サイトがこの操作を求めることはありません。
サーバーURL:usermx.pep.ne.jp:110
証明書の状態
このサイトでは不正な証明書が使用されており、サイトの識別情報を確認できません。
他のサイトの証明書です
他のサイト用の証明書が使われています。別のサイトになりすまそうとしている可能性があります。
証明書の有効期限を過ぎています。
このサイトの証明書は現在有効ではありません。この証明書が盗まれたもしくは紛失していたとしても確認できません。
不明な証明書です。
安全な署名を使った既知の認証局によって検証されていないため、このサイトの証明書は信頼されません。
セキュリティ例外を承認

Thunderbirdヘルプの情報:
https://support.mozillamessaging.com/ja/kb/add-security-exception

セキュリティ例外の追加

デフォルトで、Thunderbird はメールサーバと SSL (Secure Sockets Layer) またはより新しい TLS (Transport Layer Security) プロトコルで通信を試みます。これらのプロトコルは Thunderbird とメールサーバ間で暗号化された通信を可能にし、第三者に通信内容を盗み見られたり改ざんされたりすることを防ぎます。

暗号化されたセッションを開始するとき、メールサーバは Thunderbird に、"認証局" ("信頼された第三者機関" として知られています) から発行されたデジタル証明書を送ります。Thunderbird は、そのデジタル証明書を検証します。Thunderbirdが、証明書は正当かつ有効なものであると確認できない場合は、"セキュリティ例外の追加" のダイアログボックスを表示します。

この問題は通常、メールサーバの証明書が何らかの理由で無効である場合に発生します。これは、証明書が有効期限切れである、証明書の名称に誤りがある、認証局が Thunderbird の正当な認証局リストに含まれていないといった理由があります。発生することがあるエラーについて詳しくは、MozillaZine の SSL Security Error をご覧ください。

たいてい、この問題は自然に解決します。メールサーバの管理者が、証明書に問題があることに気づいて、それを正しいものに置き換えるでしょう。

この問題が続く場合は、メールサービスの提供者に連絡をとるとともに、接続設定を変更する必要があるかを確認してください。接続設定を変更する必要がある場合は、該当するアカウント設定を変更してください。別の方法として、メールサーバを信頼してセキュリティ例外を追加 ("セキュリティ例外の追加" ダイアログボックスで行います) するか、影響を受けているメールアカウントの使用を止めるかを判断する必要があります。

■ FC2ブログへバックアップしています。 
Mozilla Thunderbird に乗り換え ~Windows Live メールから
backupSite.gif




投稿者 hal : 2013年10月 7日 16:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://c3plamo.slyip.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/3587