« サーバーが立ち上がらない ~SYSTEM file is missing or corrupt | メイン | 戦前に回帰する道具が「秘密保護法」 ~安倍自公に与えてはダメ! »

2013年10月22日

ルビーだって摩耗してしまうトラックボール ~Trackball Explorer

Microsoft Trackball Explorer1.0 ( D68-00010 )です。
実はもう10年です。

10年使い込んだMicrosoft Trackball Explorer1.0 ( D68-00010 )

MicrosoftTrackballExplorer10m_s.jpg MicrosoftTrackballExplorer10m.jpg

COMPAQ MODEL:SK-2700

メカもあり、マイクロスイッチもあり・・
といった電子機器で、こんなに長く使えるとは予想もしていませんでした。
ボールを3点で支える鉄球はものの見事に1ヶ月ですり減り始め、
お話になりましぇんでした。

が、その他に故障もなく、従来どおりの操作性で使えています。
まったくもって、大したものです。

役立たずだった鉄球はほじくり出し、
その鉄球のせいで傷だらけになったボールは丹念にキズを取り磨きあげました。
そして、
究極の合成ルビーに交換したことで、寿命が飛躍的に伸びました。

これは、玉を研磨するときにつかう研磨フィルムです。
研磨の最後の方で、仕上げの段階で使いますが、
これでも結構キズになるので、(艶がなくなる)
仕上げのコンパウンドが必要になります。

三共理化科学 超精密研磨フィルム#15000

PolishFilm15000_s.jpgPolishFilm15000.jpg

【 A ruby is also worn out. 】
で本題です。
ルビーも摩耗することがわかりました。
ルビーの硬さはダイヤモンドに次ぐモース硬度9であり、
プラスチックよりかなり硬いので摩耗はないと見込んでいましたが
そうではないことがわかりました。
このルビーは合成モノであり製造方法もいろいろあってそれによって硬度に違いがでるということもあるかもしれませんがそこまでは確認ができていません。

3点支持のうち、重力がダイレクトにかかる2個で摩耗が進んでいます。
だいぶ前から気付いていましたが、
すでに直径1mm以上の扁平みたくなっています。
鉄球のように鋭利な縁でボールに深い傷を付けることはありませんが、
それでもうっすらキズをつけます。
いますぐに交換というレベルではありませんが、いつかその必要もでてくるかもしれません。

ルビーも摩耗するんです

ruby131022_s.jpgruby131022.jpg





■ ボールの磨き方 ~トラックボール Trackball Explorer --> こちら
■ MovableType 再構築、トラックボール磨き ~久しぶりのメンテナンス --> こちら
■ トラックボールの磨き方 ~Trackball Explorerがさらに快適に使える --> こちら
■ トラックボールの研磨 ~コンパウンドを使ってみる --> こちら
■ 親指を休ませる方法に変えた ~トラックボールは右手、クリックは左手 --> こちら
■ トラックボール改造・後編 ~人工ルビーに交換 --> こちら
■ 大改造!!劇的ビフォーアフター ~トラックボール・前編 --> こちら
■ 腱鞘炎が増えている トラックボールが現実的な対処法!? --> こちら

■ FC2ブログへバックアップしています。 
ルビーだって摩耗してしまうトラックボール ~Trackball Explorer
backupSite.gif



投稿者 hal : 2013年10月22日 05:31

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://c3plamo.slyip.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/3610