« 台風19号経路(10月13日06時) ~昼前に九州南部に上陸、最大50mの風(予想) | メイン | トラベルコンバーターDE-120(1.2KW) ~電子変圧器 »

2014年10月13日

ニッケル水素電池・充電器 ~JDK-801、使い勝手を良くしてみる

【 Tips 】
充電器が100円で売っているのを見つけたときは、正直驚きました。(2009.3.30)
 ■ ニッケル水素電池 充電器 JDK-801 分解 --> こちら
作るのに手間の掛かる電源トランスや他の部品を集めてこの値段で作るのは不可能だからです。

JDK-801 ニッケル水素電池 単3形・単4形対応 充電器(株)武田コーポレーション)
クリックで原寸大
JDK-801_01_s.jpg

この値段ですから 満充電となったら自動で終わる、そんな気の利いた充電制御回路を求めるのは無理というものです。 よって、過充電にならないように人力で充電時間を計って使う必要があります。 タイマーなどを使ってそれがちゃんとできるならお買い得の一品です。
入力電源 AC100V 50/60Hz 出力 DC1.4V 135mA

目安充電時間
単4形
  750mAhタイプ 約6.5時間
単3形
 1300mAhタイプ 約11.5時間
 1800mAhタイプ 約16時間
 2000mAhタイプ 約18時間
 2300mAhタイプ 約20.5時間

で、きょうの本題、Tips です。
単3形より細くて短い単4形電池を上手に咥えられないタイプが混じっています。
たまたま充電器が2台あって、片方はちゃんと咥えられるのに、もう片方はすぐに外れてしまい
「なんで?」と気づいたわけです。

頭が起き上がってない。ラジオペンチで簡単に形を修正できる。
クリックで原寸大
JDK-801_02_s.jpg

比較して初めてわかったことですが、
マイナス極の可動切片の形に違いがあることがわかりました。
ちゃんと咥えられる方は頭が起き上がっていて、そうでないほうは伸びた感じです。
どちらも単3形なら同じように使えるのに、単4形では使いにくさが顕著にでてきます。

頭が起き上がってない。
ラジオペンチで簡単に形を修正できる
クリックで原寸大
JDK-801_05_s.jpg

頭が起き上がっていて、単4形も安定して咥えられる。
クリックで原寸大
JDK-801_06_s.jpg

もう一つは、
メーカによっては電池の長さが微妙に長い単3形があり、
装着はできても、抜くときに引っ掛かってなかなか抜けないモノがあります。
そこで邪魔する部分を削って気持ちよく、スムースに使えるように工夫してみます。
プラスチックの材質が柔らかいのでカッターナイフで少しずつ丁寧にやっても、30分も掛からないです。
クリックで原寸大
JDK-801_09_s.jpg


■ FC2ブログへバックアップしています。 
ニッケル水素電池・充電器 ~JDK-801、使い勝手を良くしてみる
backupSite.gif


投稿者 hal : 2014年10月13日 18:04