« 「ニッポン国内を自由に使わせろ」 ~地位協定が生き続け、未来が奪われている | メイン | 「我が国のアプローチ」って、なに!? ~その存在を5W1Hで説明できる筈だが・・・ »

2017年8月 9日

熱伝導シート ~無印品だけど、予想外の放熱効果

 やってみて初めてわかり、そして感動が・・・
そんなことが脳みその刺激にはいいようです。

 そこで今回は放熱シートなどと呼ばれる熱伝導材料です。
呼称も様々あり、材質もいろいろあり戸惑います。
やはり「Thermal Conductive Pad」やSheet というように
熱伝導という言葉をが入っていた方が、ピッタリな感じがします。


 今般、初めて使ってみる素材ですが、実はあまり期待してなかったです。
というのも、手持ちのパワートランジスタ用の熱伝導シリコンラバーシートの性能が
さほど高くないという経験値があるからです。
似たようなモノだろうという先入観があり、期待してなかったです。

 ところがどっこい、
思ってたよりずっと高機能に驚いています。
これも技術進歩の賜だろうという理解です。
 ※ちなみに手持ちの熱伝導シリコンラバーシート30年くらい前のモノです。

 取り寄せた熱伝導シリコンラバーシートの主な能書きはこうです。
  Thermal Conductivity: 1.2W~2.0W
  Temp. : -40C~220C
  Voltage Proof: >4KV
  Hardness: 13C ~ 50C

 ブランド品である3M社の製品なら、なにも問題ないですが
それだとずいぶん値が張ります。
シリコンガスもでず、リレーやスイッチ回路にも影響を与えないのでGoodですが
価格が高すぎます。

 ということで、ジェネリック品を取り寄せてみたところ
「コレで十分じゃん!」
ということになりました。

 価格は6分の1、送料まで含めての比較ならさらに安くなります。
粘着性も十分なので
接触面にある程度の面積があれば
ヒートシンクをわざわざ固定しなくともいけそうです。
ちょっとやそっとでは剥がれてきません。

TPA6120 / Thermal Conductive Silicone Sheet  クリックで原寸大
ThermalConductiveSheet_s.jpg

■ FC2ブログへバックアップしています。 
熱伝導シート ~無印品だけど、予想外の放熱効果
backupSite.gif

投稿者 hal : 2017年8月 9日 00:04