« 【LED電球】オーム電機 LDG11D-G H9 ~発熱少なく、優れモノ | メイン | 【ACアダプタ】抵抗が燃えた ~ダイオードをショートさせた痛恨のミス »

2018年4月28日

南北首脳会談 ~「朝鮮半島から全ての核兵器をなくす」背水の陣

 課題だったが実現しなかった念願の高速鉄道を開通させ
ヒト・モノの交流を活発化、経済面で一体化させる・・・。
他国がとやかく言えないまでに両国の関係を高めることが当面の課題となるでしょう。

共同宣言において
「完全な非核化を通じ、核のない朝鮮半島を実現するという共通の目標」を確認した。

両首脳は、手を繋いで軍事境界線を越えた
The historic North - South Korean summit 2018
KimMoon180427.jpg


 こんどの共同宣言では、
「完全な非核化を通じ、

 核のない朝鮮半島を実現」
<-- コレが肝

を全世界に向けて打ち上げました。

 これは、当初から米の言い分を上回ること狙い、
両国共通の意思として、確固たる信念で協議をしてきた成果だと推察されます。

 この共同宣言というのは
アメリカがこれまで言い続けてきた、
完全で検証可能かつ不可逆的な核廃棄」を逆手に取り、

  「アメリカがそこまでおっしゃるなら、しゃ~ない」
  「半島からすべての核を追放しようじゃないか、みなの衆!!」
となったのは、自然な成り行きといえます。

 そうなれば核兵器を持ち込んでいる米軍は
必然的に追い出されることになり
極東の緊張が格段に低下するのは間違いありません。

 米国のうわてを行く、したたかさとなった

 これには、トランプ大統領も迂闊なことはできません。
アメリカが押し切ろうとする ① 「完全、不可逆的な廃棄」か
それとも共同宣言の ② 「核のない朝鮮半島を!」か?

どちらがより平和になるかを世界に問えば、答えは自明です。
世界は共同宣言の方を支持するでしょう。

 もし、トランプ大統領が戦争屋勢力を抑えきれず、強気に出てくれば
南北は経済を主体に一体化のスピードをさらに加速して
とやかく言わせないようにすることが想定されます。

 国際世論もその進捗を認識すれば
南北が平和を目指すことに邪魔をするとは考えられず
両国の動きを支持すると思われます。

【 進展あるのみの南北両国、アドバンテージは南北にあり 】
世界の多くのメディアは「historic summit」と、大々的にとりあげ
国際世論を見方に取り込んだのは間違いありません。

 そんな中で
もし、トランプ大統領の力及ばず戦争屋勢力がぶり返せば、
米軍が半島から追い出されることを早めることに繋がるので
それも理解しているはずのトランプ大統領にとっては覚悟が求められます。

 劣勢のなか、
来る6月の米朝首脳会談は、米国大統領にとって正念場となるでしょう。

■ FC2ブログへバックアップしています。 
南北首脳会談 ~「朝鮮半島から全ての核兵器をなくす」背水の陣
backupSite.gif

投稿者 hal : 2018年4月28日 00:17