« 【 改造 】ヒステリシス削除回路を追加 2 ~トライアック・モーターコントローラブリキ缶に収容 | メイン | 田中角栄の日朝国交をアメリカがストップ ~その後、拉致勃発 »

2018年6月 8日

ハンドニブラ ~遅れてやって来たニューカマー

 この工具は、直線切りや四角形の穴加工が得意で、切り口も綺麗でなかなかの優れものです。
ドリルとニッパーなどで力業で切るのとは大違いでして、とてもスマートに、かつ大幅な時間短縮となります。
最終仕上げでは、少なからずヤスリがけは必要ですが、それもわずかでいいので苦になりません。
ただ、このツールがスッポリ入らないような小さな箱の側面などでは、ケガキを工夫する必要があります。
といっても、アレコレ知恵を絞って内側にケガキができればOKなので、それほどの問題でもありません。

 先の「ブリキ缶に収容」で使いました。
 ■ 【 改造 】ヒステリシス削除回路を追加 2 ~トライアック・モーターコントローラブリキ缶に収容 --> こちら


 そこでは「AC アウトレット」の穴開けでした。

2000W SCR Motor Speed Controller  クリックで原寸大
2000wSCR_MotorController_03_s.jpg

エコー電子 ACアウトレット AC-1G  クリックで原寸大
AC-1G_s.gif

 「ニブラー」といえば刃の形状から直線や四角形の切断がお得意ですが、曲線もOKです。
空気圧を使う本格的な「ニブラー」をDIYで用意するというわけにもいかず
薄い鉄板やアルミ材の加工なら、この「ハンドニブラー」で十分なので取り寄せてみました。

 何十年も前からこの値段?
その当時は高価な道具だったという記憶でして、中学生の小遣いでは手がでませんでした。
限られた資金なので送信管やトランスなどが優先され、工具までまわってきませんでした。

あのころ、双葉も出していた?
うろ覚えですが、宝山のイメージしか残っていません。
いまではホーザン以外にこのように安価なOEM品?が
いろんなところで売られていて、状況が様変わりしています。
それも大陸が世界の工場となったおかげです。
 ※製造元は台湾の工具メーカー、そのOEM品だろうとみています。
ちなみにホーザンの方が高いだけあって使い勝手がいいようです。

 とりよせたのは双葉工具(現エンジニア)が売っているモノです。
TZ-20 ニブリングツール(エンジニア)  クリックで原寸大
nibbler_s.jpg

ところが、現物には、どこにも「ENGINIER」のロゴも型番もありません。
ぬぬ!?
製造元で刻印を入れればコストも掛るので、なにもしないと決めたようです。
より安いモノもありますが、品質保証のこともあり「ENGINIER」のを選びました。

※HanlongのNibbling Tool HT204 ではないか?

投稿者 hal : 2018年6月 8日 00:08